Logic Pro X: ミキサーのサラウンドパン設定

ミキサーのサラウンドパン設定

お使いのオーディオハードウェアの出力ポートが2つしかない場合でも、複数のサラウンド形式でミックスダウンが可能です。ステレオスピーカーを使ってモニタリングまたはミキシングを行う場合は、サラウンド形式を使わない方が無難です。サラウンド形式で結果を聞くことができないと、ミックスや録音が難しくなります。すべてのオーディオ、音源、Auxチャンネルストリップをそれぞれ別のサラウンド形式に設定できます。

サラウンドパン設定は、「詳細」環境設定で「サラウンド」を選択すると表示されます。

チャンネルストリップの出力をサラウンドに設定する

  • チャンネルストリップの出力スロットをクリックしたまま、ポップアップメニューから「Output」>「Surround」と選択します。

パンノブがSurround Pannerコントロールに置き換わります。スピーカーの位置はドットで表示されます。パン位置は緑色のドットで表示され、このドットをドラッグできます。

図。Surround Panner。

サラウンド機能の使いかたについて詳しくは、サラウンドの概要を参照してください。

サラウンド定位を設定する

  • パンニングフィールドの緑色のドットを目的の位置までドラッグします。

  • Optionキーを押しながらドットをクリックすると、緑色のドットがフロントセンターの位置にリセットされます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?