Logic Pro X: マルチ出力音源を使う

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
マルチ出力音源を使う

ミックスにマルチ出力音源を使う場面は2つあります。

  • ドラムキットなどに含まれる各サウンドを別々のエフェクトで処理するとき

  • 個別のソフトウェア音源出力をオーディオインターフェイスの別々の出力にルーティングするとき

「Logic Pro」は、Drum Kit Designer、EXS24 mkII、Ultrabeat、およびすべてのAudio Unit音源のマルチ出力をサポートしています。音源スロットのプラグインのポップアップメニューには、モノラルバージョンおよびステレオバージョン以外に、1つまたは複数のマルチ出力オプションが表示されることがあります。

図。音源スロットのポップアップメニュー。EXS24のマルチ出力オプションが表示されている。

注記:一部の音源にはマルチ出力オプションがありません。

マルチ出力音源を挿入して設定する

  1. 対応する音源スロットをクリックしたまま、ポップアップメニューからマルチ出力のインスタンスを選択します。

    マルチ出力音源の最初の2出力は、プラグインを挿入した音源チャンネルストリップで必ずステレオペアとして再生されます。その他の出力(3、4、5、6など)には、Auxチャンネルストリップからアクセスします。

  2. プラグインウインドウで、各サウンドやサンプルに対して出力ルーティングを設定します。通常は、「Main」、「3-4」、「5-6」などの項目が含まれるポップアップメニューを使って設定します。

    図。音源の出力ポップアップメニューが表示されているUltrabeatプラグインウインドウ。
  3. ミキサーで、マルチ出力音源を挿入した音源チャンネルストリップの追加(+)ボタンをクリックします。

    図。音源チャンネルストリップの追加ボタン。

    注記:追加(+)ボタンは、マルチ出力音源のチャンネルストリップにのみ表示されます。

    マルチ出力音源チャンネルストリップの右側にAuxチャンネルストリップが作成されます。この新しいチャンネルストリップを使ってサウンドを分離させてルーティングし、個別にミキシングおよび処理できます。

    図。Ultrabeatマルチ出力音源に割り当てられたAuxチャンネルストリップ。
  4. 追加(+)ボタンを繰り返しクリックして、音源プラグインで利用できるすべてのステレオ出力またはモノラル出力のAuxチャンネルストリップを追加します。

    Auxチャンネルストリップは、マルチ出力音源で使用する出力数に必要なだけ作成するようにしてください。

    マルチ出力音源に1つでもAuxチャンネルストリップを作成すると、追加(+)ボタンの横に削除(-)ボタンが表示されます。

    Auxチャンネルストリップを取り除くときは、削除(-)ボタンをクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?