Logic Pro X: プラグインマネージャを使用する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
プラグインマネージャを使用する

「Logic Pro」では、検証ツールを使い、Audio Unitsプラグインの要件を完全に満たすプラグインのみが「Logic Pro」で使われるようにしています。これによって、他社製のプラグインが引き起こす問題を最小限に抑えることができます。この検証プロセスは、「Logic Pro」をはじめて起動したとき、バージョンをアップデートした「Logic Pro」がインストールされたとき、および新しいプラグインをインストールしたり既存のプラグインをアップデートしたりしたときに自動的に実行されます。

「プラグインマネージャ」ウインドウの左のカラムには、「Logic Pro」内部のすべてのプラグインが「カテゴリ」ごとに並べられ、すべてのインストール済みのAudio Unitsプラグインが「製造元」ごとに並べられています。検証スキャンの結果は、ウインドウの右にある「互換性」列に表示されます。

図。「Audio Unitsマネージャ」ウインドウ。

プラグインは、「プラグインマネージャ」ウインドウ内でドラッグするだけで整理および管理することができます。また、新しいプラグインカテゴリを作成したり、既存のプラグインカテゴリを名称変更または削除したり、個々のプラグインを名前で検索したりすることもできます。

プラグインマネージャは、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択した場合のみ使用できます。

プラグインマネージャを開く

  • 「Logic Pro」>「環境設定」>「プラグインマネージャ」と選択します。

新しいカテゴリを作成する

  1. 「カテゴリ」列のヘッダの右にある追加ボタン(+)をクリックします。

  2. 「名称未設定」フォルダが表示されたら新しい名前を入力し、Returnキーを押します。

既存のカテゴリの名前を変更する

  • フォルダをダブルクリックし、新しい名前を入力してから、Returnキーを押します。

既存のカテゴリまたはプラグインを削除する

以下のいずれかの操作を行います:

  • カテゴリまたはプラグインを選択してから、Deleteキーを押します。

  • Controlキーを押しながらカテゴリまたはプラグインをクリックしてから、「削除」をクリックします。

プラグインを名前で検索する

  • 検索フィールドに検索語を入力して、Returnキーを押します。

入力した検索語と一致するすべてのプラグインが結果リストに表示されます。

検証テストに合格しなかったプラグインを手動で有効にする

  1. 「プラグインマネージャ」ウインドウの左上にある「すべてを表示」を選択します。

  2. 「使用」列にあるプラグインのチェックボックスを選択して有効にします。

これらのプラグインは問題を引き起こすおそれがあるので注意が必要です。合格しなかったプラグインを手動で有効にして問題が生じた場合は、「非互換のAudio Unitsを無効にする」ボタンをクリックします。

プラグインを無効にする

  1. 「プラグインマネージャ」ウインドウの左上にある「すべてを表示」を選択します。

  2. 「使用」列にある、プラグインのチェックボックスの選択を解除します。

選択したプラグインを再スキャンする

プラグインやアップデータをインストールした後やFinder内のコンポーネントを移動した後に、プラグインマネージャを開いたまま、選択したプラグインを再スキャンすることができます。

  • 「選択項目をリセットして再スキャン」をクリックします。

検証スキャンに合格すれば、これらのプラグインは自動的に有効になります。

「製造元」から「カテゴリ」にプラグインをコピーする

  1. 同じ製造元のプラグインを1つ以上選択します。

  2. 選択した項目を「製造元」リストから任意のカテゴリにドラッグします。

    選択したプラグインは「製造元」リストと「カテゴリ」の両方に表示されます。

プラグインを「カテゴリ」内で移動する

  1. 同じカテゴリのプラグインを1つ以上選択します。

  2. 選択した項目を別のカテゴリにドラッグします。

    選択したプラグインは元のカテゴリから削除され、新しいカテゴリに移動されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?