Logic Pro X: プラグインレイテンシを操作する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
プラグインレイテンシを操作する

一部のエフェクトプラグインおよび音源プラグインによって処理されたオーディオには、レイテンシと呼ばれるわずかなタイミングの遅れが発生することがあります。信号に入力レイテンシ、出力レイテンシ、または両方が発生する場合があります。たとえば、ソフトウェア音源を再生すると、出力レイテンシのみが発生します。これは、ソフトウェア音源のオーディオが「Logic Pro」によって生成されるからです。ただし、リアルタイムでモニタリングされているオーディオ録音では、信号を処理する前に「Logic Pro」に入力する必要があるため、入力と出力の両方のレイテンシが発生します。入力レイテンシ(発生する場合)と出力レイテンシを合計すると、全体的なモニタリングレイテンシの量が得られます。また、処理を追加する(インサートエフェクトの使用など)たびにいくらかのレイテンシが加わり、全体的なモニタリングレイテンシ量に加算されていくこともあります。

「Logic Pro」では、プラグインによって発生する内部レイテンシを補正して、すべてのトラックとチャンネルストリップの出力を完全に同期させることができます。

また、オーディオおよびソフトウェア音源トラックと、すべてのチャンネル(オーディオ、音源、Aux、出力、ReWire)に対して、プラグインレイテンシ補正機能のオンとオフを切り替えることもできます。この設定をオンにすると、プラグインによって発生するレイテンシが補正され、プラグイン経由で送られるオーディオがほかのすべてのオーディオと同期します。これは、プラグインによって発生するレイテンシの量を計算し、該当する量だけオーディオストリームを遅らせるか、音源およびオーディオトラックをタイムライン上で先に進めて実行されます。

低レイテンシモードを有効にする

以下のいずれかの操作を行います:

  • コントロールバーの「低レイテンシモード」ボタンをクリックします。

  • 「一般」オーディオ環境設定の「低レイテンシモード」チェックボックスを選択します。

録音されたオーディオは、信号パス上のレイテンシを引き起こすプラグインを迂回してルーティングされます。これによって、現在のトラックの信号パスのシグナルフロー全体で発生する可能性がある最大の遅延が、「一般」オーディオ環境設定の「上限」スライダの値以下に収まるようになります。

「低レイテンシモード」をオンにすると、サウンドが変化する場合があります。使っているプラグインによって、サウンドがわずかにしか変化しない場合も、劇的に変化する場合もあります。使っているプラグインが合計レイテンシ量の最大値を超えない場合は、聴いて分かるほどの変化は起こりません。

プラグインのレイテンシ補正機能を有効にする

  • レイテンシを引き起こすプラグインがオーディオまたは音源チャンネルストリップに挿入されている場合は、これらのトラックは自動的にタイムライン上を先へ移動します。この方法の利点は、ほかのチャンネルストリップ(レイテンシを引き起こすプラグインを含まないチャンネルストリップ)を遅らせる必要がないという点です。

  • レイテンシを引き起こすプラグインがAuxまたは出力チャンネルストリップ(使用している場合はReWireチャンネルも)に挿入されている場合は、該当する量だけほかのすべてのオーディオストリームが遅らされます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?