Logic Pro X: Channel EQを使う

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Channel EQを使う

Channel EQは、一般的なオーディオエフェクトです。ほとんどのミキシングでチャンネルストリップに対する最初のエフェクトとして使用し、ほかのエフェクトを適用する前に個々のチャンネルストリップ信号のサウンドを作成したり、またはプロジェクトミックス全体をトーンシェイピングしたりできます。グラフィカルなコントロールを使用して、オーディオ信号をリアルタイムで表示および変更することも簡単にできます。

図。チャンネルストリップの上部のEQ領域。

Channel EQの詳細と、いくつかの使用上のヒントについては、「Logic Proエフェクト」マニュアルを参照してください。

Channel EQを追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • オーディオ・エフェクト・スロット1が使われていない場合: EQ領域をクリックします。

    Channel EQが最初のオーディオ・エフェクト・スロットに挿入され、EQ領域がChannel EQの内容のサムネール表示に変わります。

    注記: Shiftキーを押したままEQ領域をクリックすると、最初のオーディオ・エフェクト・スロットにLinear Phase EQが挿入されます。EQ領域がLinear Phase EQディスプレイのサムネール表示に変わります。

  • オーディオ・エフェクト・スロット1が使われている場合: Optionキーを押しながらEQ領域をクリックします。

    Channel EQが最初のプラグインとして挿入され、既存のすべてのプラグインが1スロットずつ下に移動します。既存のオートメーションデータはリダイレクトされます。

    注記: ShiftキーとOptionキーを押したままEQ領域をクリックすると、最初のオーディオ・エフェクト・スロットにLinear Phase EQが挿入され、既存のすべてのプラグインが1スロットずつ下に移動します。既存のオートメーションデータはリダイレクトされます。

  • オーディオ・エフェクト・スロット1が使われている場合: EQ領域をダブルクリックします。

    使用できる次の(不使用の)スロットにChannel EQが挿入されます。

    注記: Shiftキーを押したままEQ領域をダブルクリックすると、使用できる次の(不使用の)スロットにLinear Phase EQが挿入されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?