Logic Pro X: プラグインの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
プラグインの概要

Logic Proには多数のエフェクトと音源プラグインが内蔵されています。さらに、Audio Unitsフォーマットの他社製プラグインがサポートされます。Logic Proのプラグインマネージャを使えば、内蔵プラグインとAudio Unitsプラグインのオン/オフ切り替えや整理がまとめてできます。プラグインは、以下のカテゴリに分類されます:

  • オーディオエフェクト: オーディオ、音源、Aux、出力チャンネルストリップに挿入できます。「Logic Pro」には、既存のオーディオデータ、ソフトウェア音源、外部オーディオソースの音質をリアルタイムで変化させることができる、さまざまなDSP(デジタル信号処理)エフェクトおよびプロセッサが備わっています。

  • MIDIエフェクト: 音源チャンネルストリップにのみ挿入できます。「Logic Pro」で簡単にMIDIデータをリアルタイム処理できます。以前は「エンバイロメント」を使う必要がありました。

  • ソフトウェア音源: 音源チャンネルストリップにのみ挿入できます。「Logic Pro」には、革新的なシンセサイザー、強力なサンプラー、本格的に再現したビンテージ楽器など、ソフトウェアベースのさまざまな音源が備わっています。これらの音源はリアルタイムで使うことができます。

  • GarageBand音源: 音源チャンネルストリップにのみ挿入できます。GarageBand音源には、Optionキーを押しながら音源スロットをクリックするとアクセスできます。これらは「レガシー」サブメニュー内に表示されます。

オーディオエフェクトで選択範囲の処理を使用できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?