Logic Pro X: チャンネルストリップをミュートする/ソロにする

チャンネルストリップをミュートする/ソロにする

チャンネルストリップを無音にして(ミュート)、プロジェクトの再生時に音が鳴らないようにすることができます。チャンネルストリップをミュートすると、プロジェクトにそのトラックの有無がどう影響するかを聴き比べたり、トラックの別バージョンを比べたり、プロジェクトに別のループを試したりする場合に便利です。

また、1つのチャンネルストリップ以外を無音にして、特定のチャンネルストリップの信号を単独で聴くこともできます(ソロ)。チャンネルストリップをソロにすると、トラックのリージョンの編集、パートの再録音、音量カーブの調整など、個別にトラックやリージョンを操作したい場合に便利です。

チャンネルストリップをミュートする

  • チャンネルストリップの「ミュート」ボタンをクリックします。

    図。「ミュート」ボタンをポイントする。

「ミュート」ボタンが青色に変わります。以前のレベルに戻すときは、このボタンをもう一度クリックします。

複数のチャンネルストリップをミュートする

  • 「ミュート」ボタンをクリックしたまま、ポインタを左右にドラッグします。

    スワイプしたすべてのチャンネルストリップの「ミュート」ボタンが、同じ状態に切り替わります。

チャンネルストリップをソロにする

  • チャンネルストリップの「ソロ」ボタンをクリックします。

    図。「ソロ」ボタンをポイントする。

「ソロ」ボタンが黄色に変わります。外部MIDIチャンネルストリップを除き、ソロになっていないチャンネルストリップでは、「ミュート」ボタンが青色で点滅します。

複数のチャンネルストリップをソロにする

  • 「ソロ」ボタンをクリックしたまま、ポインタを左右にドラッグします。

    スワイプしたすべてのチャンネルストリップの「ソロ」ボタンが、同じ状態に切り替わります。

ソロになっているチャンネルストリップがすでにあるときに、別のチャンネルストリップをソロにする

  • Optionキーを押しながら、ソロにするチャンネルストリップをクリックします。

この操作で、選択したチャンネルストリップがソロになり、ほかのすべてのチャンネルストリップのソロが解除されます。

1つ以上のチャンネルストリップのソロを解除する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 有効になっている「ソロ」ボタンをクリックします。

  • Optionキーを押しながら、有効になっているいずれかの「ソロ」ボタンをクリックします。すべてのチャンネルストリップでソロが解除されます。

チャンネルストリップをソロセーフに設定する

  • Controlキーを押しながら「ソロ」ボタンをクリックします。

「ソロ」ボタンに赤い斜線が表示され、チャンネルストリップがソロセーフになっていることが示されます。ほかのチャンネルストリップをソロにしても、このチャンネルストリップはミュートされません。チャンネルストリップのソロセーフを解除するには、もう一度Controlキーを押しながら「ソロ」ボタンをクリックします。

図。ソロセーフの状態を示す赤い斜線が表示された「ソロ」ボタン。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?