Logic Pro X: チャンネルストリップのパンまたはバランス位置を設定する

チャンネルストリップのパンまたはバランス位置を設定する

ミックス内で音源が競合しないように、ステレオミックスの中でオーディオおよび音源を左右に配置することによって、音を分離させることができます。一般には、最も重要なトラック(リードボーカル、ソロ楽器、ドラム、ベース)をミックスの中央に、その他のトラック(リズム楽器や、メロディをユニゾン演奏している楽器)を左右に配置します。通常、ミックスの大部分は中央に寄せます。左右に大きくパンしたトラックは、あくまでも特殊な効果を目的とする場合に使います。

パン(パノラマの略)ノブでは、ステレオフィールドの左、右、または中央のいずれからトラックが聴こえるようにするかを指定します。プロジェクト内のトラックごとにパン位置を設定できます。「Logic Pro X」には複数の種類のパンニングモードがあります。使用できるオプションはチャンネルストリップの種類によって異なります:

  • パン: これはモノラル・チャンネル・ストリップのデフォルトのパンニングモードです。パンナーは、ステレオの音響空間を示すイメージ内での信号の位置を決めます。パンポジションを中央に設定すると、チャンネルストリップから、ステレオ音響空間イメージの両側に同じ量の信号が送られます。パンポジションを左側で上げ、右側で下げると、サウンドは左に移動します。

  • ステレオパン: ステレオ・パン・ノブはステレオのチャンネルストリップでのみ使用できます。これを使うと、2つのパンノブを操作する場合と同様に、ステレオ音場での左右の信号の位置を個別に設定できます。

  • バランス: これはステレオ・チャンネル・ストリップのデフォルトのパンニングモードです。左右2本の出力信号の量を相対的に制御する点が、ステレオパンと異なります。

  • バイノーラル:  バイノーラルパンニングは、パンニング面ですべての空間情報(角度、高度、距離)をシミュレートする手法です。バイノーラルパンニングは、ヘッドフォンでの再生が適しています。バイノーラルパンニングについて詳しくは、「バイノーラル・パン・ノブを使う」を参照してください。

モノラルのチャンネルストリップのデフォルトはパンノブです。ステレオのチャンネルストリップのデフォルトはバランスノブです。

注記:センドを「インディペンデントパン」モードに設定した場合、そのチャンネルストリップのパンノブでセンドへのステレオパンが制御されます。センドを制御する場合も、上記のパンオプションがパンノブに適用されます。「インディペンデントパン」モードについて詳しくは、センドのパンニングをチャンネルストリップとは別に調整するを参照してください。

図。パンノブとバランスノブ。

チャンネルストリップのパンニングモードを選択する

  • Controlキーを押しながらパンノブをクリックして、ショートカットメニューからパンナーを選択します。

    図。パンニング・モード・メニュー。

チャンネルストリップのパンノブまたはバランスノブの位置を設定する

以下のいずれかの操作を行います:

  • チャンネルストリップのパンノブまたはバランスノブを上下または左右にドラッグします。

  • Optionキーを押しながらパンノブをクリックすると、ノブが中央の位置に戻ります。

  • Shiftキーを押しながらノブをドラッグして、パン位置を細かく調整します。

チャンネルストリップのステレオ・パン・ノブを調整する

図。「ステレオパン」ノブ。
  • ほかのチャンネルに影響を与えずに1つのチャンネルのステレオスプレッドを調整するには、チャンネルの白いハンドルをドラッグします。たとえば、左チャンネルのステレオフィールドだけを狭めたい場合には、左チャンネルの白いハンドルを中央に向かって上下にドラッグします。

  • 左右のチャンネルを反転させるには、Commandキーを押しながら「ステレオパン」ノブまたはリングの内側をクリックします。信号リングが緑色からオレンジ色に変わります(または再び緑色に戻ります)。

  • ステレオスプレッドの範囲を広げたり狭めたりするには、緑色またはオレンジ色のリングを上下にドラッグします。

  • ステレオスプレッドの中央の位置を調整するには、「ステレオパン」ノブの中央を上下にドラッグします。

  • ステレオスプレッドおよび中央の位置を初期値にリセットするには、Optionキーを押しながら「ステレオパン」ノブまたはリングの内側をクリックします。

チャンネルストリップ出力をサラウンドに設定すると、ノブがサラウンドコントロールに置き換わります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?