Logic Pro X: チャンネルストリップのコントロール

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
チャンネルストリップのコントロール

各チャンネルストリップにはコントロールのセット(コンポーネント)が備わっています。チャンネルストリップのタイプによってコントロールの内容は異なります。チャンネルストリップの音量やパンの位置を調整したり、チャンネルストリップをミュートまたはソロにしたり、エフェクトを追加および調整したり、Auxまたは出力チャンネルストリップに出力信号を送ったりすることができます。

図。ミキサーのチャンネルストリップのコントロール。
  • オーディオデバイスのコントロール: 以下のチャンネルストリップのオーディオコントロールは、互換性のあるオーディオインターフェイスを使用している場合にのみ表示されます。詳しくは、お使いのオーディオインターフェイスのユーザガイドを参照してください。

    図。チャンネルストリップのオーディオデバイスのコントロール。
    • 入力タイプスロット: 入力に接続されたオーディオデバイスの種類(マイク、音源、ラインレベル機器など)を選択します。

    • ファンタム電源ボタン: 接続されたマイクにファンタム電源を送ります。お使いのマイクにファンタム電源が必要かどうかについては、マイクのマニュアルを参照してください。

    • フィルタボタン: 入力のローカットフィルタを有効にします。ソース信号に低周波のランブルノイズがある場合に、こうしたノイズが録音される量を減らすことができます。

    • フェーズ・リバース・ボタン: このボタンを使うとオーディオ信号の位相が反転します。複数のマイクを使って同じ信号を録音する際に便利です。ボタンの点灯中は、位相が反転しています。

    • 入力ゲインノブ: 入力ゲインの量を設定するときに使用します。

  • 「設定」ボタン: 選択したトラックのチャンネルストリップ設定の読み込み、ブラウズ、または保存に使います。これらの設定は、チャンネルストリップごとのルーティング設定全体(読み込み済みのプラグインと設定も含む)を表します。

  • 入力/音源スロット: チャンネルストリップの入力ソース(マイクや音源が接続されている入力ソース)を選択します。

  • オーディオ・エフェクト・スロット: チャンネルストリップにオーディオエフェクトを挿入します。エフェクトを使うとリアルタイムで信号が変化します。

  • センドスロット: Auxチャンネルストリップに信号をルーティングします。表示されるセンド・レベル・ノブで、ルーティングする信号の量を指定します。センドを使うと、複数の信号に対するエフェクトを一度に処理できます。

  • センド・レベル・ノブ: Auxチャンネルストリップに送る信号の量を制御します。センドを使うと、複数の信号に対するエフェクトを一度に処理できます。

  • 出力スロット: チャンネルストリップの出力先(チャンネルストリップの信号の送り先)を選択します。

  • バランス/パンノブ: チャンネルストリップの信号の位置を設定します。モノラルのチャンネルストリップでは、信号の左右の位置を制御します。ステレオのチャンネルストリップでは、左右の信号のバランスを制御します。

  • VCAスロット: チャンネルストリップを既存のVCAグループにアサインします。

  • ピーク・レベル・ディスプレイ: 記録された最も高いピークレベルが表示されます。再生中に値がアップデートされます。赤く表示されている場合は信号がクリッピングしています。

  • 音量ディスプレイ: 再生音量が表示されます。

  • 音量フェーダー: チャンネルストリップの信号の再生ボリュームを調整します。

  • レベルメーター: 音源や歌の再生中などに、入力信号のレベルを表示します。オレンジと黄色の信号は安全です。赤色は信号がクリッピングしていることを示します。

  • 「ミュート」ボタン: 曲全体から信号を除去し、音が鳴らないようにします。

  • 「ソロ」ボタン: 曲全体から信号を分離し、単独で音が鳴るようにします。

  • 「入力フォーマット」ボタン: チャンネルストリップの入力形式をモノラルとステレオのいずれかに切り替えます。クリックしたまま、左、右、またはサラウンド形式を選択します。

  • 「Dim」ボタン: 「ディム音量」モードをオンにします。これによって、再生音量が「Logic Pro」>「環境設定」>「オーディオ」>「一般」パネルで設定されているディム値に設定されます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されているときは、以下のコントロールも表示されます:

  • ゲイン・リダクション・メーター: チャンネルストリップの最初のCompressorプラグインのゲインリダクションを表示します。Compressorが1つも挿入されていない場合は、挿入されているLimiterプラグインまたはAdaptive Limiterプラグインのゲインリダクションを表示します。

  • EQディスプレイ: クリックすると、最初の不使用インサートスロットにChannel EQが挿入されます。または一番上に挿入されているChannel EQまたはLinear Phase EQが開きます。Optionキーを押したままクリックすると、最初のスロットにChannel EQが挿入されます。挿入されているプラグインは1つ下のスロットに移動します。Shiftキーを押したままクリックすると、最初の不使用インサートスロットにLinear Phase EQが挿入されます。OptionキーとShiftキーを押しながらクリックすると、最初のスロットにLinear Phase EQが挿入されます。挿入されているプラグインは1つ下のスロットに移動します。EQエフェクトを使うと、特定の周波数範囲のレベル調整によって、オーディオ信号を形作ることができます。

  • MIDIエフェクトスロット: チャンネルストリップにMIDIエフェクトを挿入します。

  • グループスロット: チャンネルストリップのグループ割り当てを制御します。グループ設定ウインドウを使って、グループ全体を一度に制御するためのパラメータを指定します。

  • 「オートメーションモード」ボタン: 録音および再生中にチャンネルストリップとプラグインの変更をどのように処理するかを設定します。

  • 「入力モニタリング」ボタン: 録音可能状態にせずに、オーディオトラックの入力オーディオを聞くことができます。録音前のオーディオのレベル設定やパート練習に使います。

  • 「録音可能」ボタン: トラックまたはチャンネルストリップを録音可能状態にします。

  • 「バウンス」ボタン: 特定の出力チャンネルストリップの出力をオーディオファイルにバウンスします。

表示するチャンネル・ストリップ・コントロールを選択する

チャンネルストリップに表示するチャンネル・ストリップ・コントロールを選択するには、次のいずれかの操作を行います:

  • 「ミキサー」>「表示」メニューの「チャンネルストリップのコンポーネント」または「MIDIチャンネルストリップのコンポーネント」サブメニューで、表示するコントロールを選択するか、コントロールの選択を解除してコントロールを削除します。

    図。ミキサーの「表示」メニューの「チャンネルストリップのコンポーネント」サブメニュー。
  • Controlキーを押したままチャンネルストリップのコントロールのない部分をクリックしてから、ポップアップメニューの「チャンネルストリップのコンポーネント」サブメニューで表示するコントロールを選択するか、コントロールの選択を解除してチャンネルストリップからコントロールを削除します。

    図。「チャンネルストリップのコンポーネント」ポップアップメニュー。
  • 「ミキサー」>「表示」メニューまたはチャンネルストリップのポップアップメニューで「チャンネルストリップのコンポーネントを設定」を選択し、表示するコントロールを選択します。

    図。「チャンネルストリップのコンポーネントを設定」ウインドウ。

デフォルトでチャンネルストリップのコントロールの設定を保存する

  1. 「ミキサー」>「表示」メニューで「チャンネルストリップのコンポーネントを設定」を選択します。または、Controlキーを押したままチャンネルストリップをクリックし、ポップアップメニューから「チャンネルストリップのコンポーネントを設定」を選択します。

  2. アクションメニューから「ユーザデフォルトとして保存」を選択します。

    図。チャンネルストリップ設定をユーザデフォルトとして保存。

保存したチャンネル・ストリップ・コントロールの設定をミキサーに適用する

  1. 「ミキサー」>「表示」メニューで「チャンネルストリップのコンポーネントを設定」を選択します。または、Controlキーを押したままチャンネルストリップをクリックし、ポップアップメニューから「チャンネルストリップのコンポーネントを設定」を選択します。

  2. アクションメニューから「ユーザデフォルトを適用」を選択します。

チャンネル・ストリップ・コントロールを出荷時のデフォルトに戻す

  1. 「ミキサー」>「表示」メニューで「チャンネルストリップのコンポーネントを設定」を選択します。または、Controlキーを押したままチャンネルストリップをクリックし、ポップアップメニューから「チャンネルストリップのコンポーネントを設定」を選択します。

  2. アクションメニューから「出荷時のデフォルトに戻す」を選択するか、「元に戻す」ボタンをクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?