Logic Pro X: チャンネルストリップのタイプ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
チャンネルストリップのタイプ

チャンネルストリップはトラックからルーティングされたオーディオまたはMIDI情報を処理するために使用します。ミキサーには、トラックチャンネルストリップ、オグジュアリーおよび出力チャンネルストリップ、VCAチャンネルストリップ、マスターチャンネルストリップなど、プロジェクト内のすべてのチャンネルストリップが表示されます。プロジェクトを新規作成すると、すでにミキサーにはテンプレート内のすべてのオーディオ、音源、およびMIDIトラック用のチャンネルストリップに加え、マスター・チャンネル・ストリップと、オーディオインターフェイスに応じて1つまたは複数の出力チャンネルストリップが含まれています。プロジェクトにオーディオ、音源、およびMIDIトラックを追加すると、チャンネルストリップは新しい各トラックのミキサーに追加されます。

「ミキサー」>「オプション」メニューからオグジュアリートラックとVCAトラックを追加することもできます。詳しくは、「Auxチャンネルストリップを使う」および「VCAグループを使用する」のセクションを参照してください。

また、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、タイプ別にチャンネルストリップをフィルタリングできます。これによって、作業で操作するチャンネルストリップだけを表示しておくことができます。

図。ミキサーのチャンネルストリップのタイプ。
  • オーディオ・チャンネル・ストリップ: オーディオトラックに含まれるオーディオ信号の再生と録音を制御するために使います。オーディオトラックのデータはすべて、トラックリストで割り当てられたオーディオチャンネルストリップに自動的にルーティングされます。

  • 音源チャンネルストリップ: ソフトウェア音源を制御するために使います。ソフトウェア音源は、このチャンネルストリップの音源スロットを通じて挿入されます。プラグインの挿入後は、録音済みのMIDIリージョンによって、またはMIDIキーボードを弾いて、音源チャンネルストリップを操作できます。

  • Aux(オグジュアリー)チャンネルストリップ: さまざまな目的の信号ルーティングに使います。Auxチャンネルストリップを使うと、センド/リターンを設定して、チャンネルストリップ信号をAuxチャンネルストリップにルーティングしてエフェクト処理できます。また、信号をグループ化したり、センドを使って1本の信号を複数の出力先に分岐させたりすることもできます。

  • 出力チャンネルストリップ: オーディオインターフェイスの物理的なオーディオ出力を表します。このチャンネルストリップにルーティングされるすべてのオーディオチャンネルストリップ、音源チャンネルストリップ、またはAuxチャンネルストリップの全体的なレベルおよびステレオバランス(モノラル出力チャンネルストリップの場合はパンポジション)を調整します。利用できる出力チャンネルストリップの数は、使用しているオーディオインターフェイスによって異なります。

  • VCAチャンネルストリップ: VCAフェーダーにアサインされているトラックの音量調節やサブミックスオートメーションに使用される、VCAグループを表します。

  • マスターチャンネルストリップ: すべての出力チャンネルストリップの音量をまとめて制御するために使います。出力チャンネルストリップ間の相対的なレベルの関係に影響を与えることなく、すべての出力チャンネルストリップのゲインを変更できます。これは、出力音量を比例的にコントロールするために役立ちます。特に、「Logic Pro」のサラウンドフォーマットで、サラウンドミックス全体にフェードをかける場合に便利です。

  • MIDIチャンネルストリップ: 外部MIDIトラックを制御するために使います。外部MIDIトラックのMIDIデータは、MIDIサウンドモジュールとキーボードを制御するために、MIDIアウトプットポートとチャンネルにルーティングされます。

注記:バスチャンネルストリップと入力チャンネルストリップは、旧バージョンの「Logic Pro」との間での互換性を維持するために用意されています。信号ルーティングなどのバスチャンネルストリップの機能は、Auxチャンネルストリップで操作するようになりました。オーディオハードウェア入力は、オーディオチャンネルストリップで操作するようになりました。

チャンネルストリップを削除する

  • 1つまたは複数のチャンネルストリップを選択し、Deleteキーを押します。

    削除したいチャンネルストリップがトラックに割り当てられていたり、有効なバスから信号を受信していたりする場合には、ダイアログが表示されます。このダイアログでは、選択したすべてのチャンネルストリップを削除するか、割り当てられているチャンネルストリップの選択を解除して残りのチャンネルストリップのみを削除するかを選ぶことができます。

チャンネルストリップをタイプ別にフィルタリングする

  • 「フィルタ」ボタンをクリックして、チャンネルストリップタイプの表示/非表示を切り替えます。

    図。チャンネルストリップの「フィルタ」ボタン。選択されているものと選択されていないものがあります。
  • Optionキーを押しながら「フィルタ」ボタンをクリックして、特定のチャンネルストリップタイプを表示し、ほかのチャンネルストリップタイプを隠します。

特定のタイプのチャンネルストリップまでスクロールする

チャンネルストリップの数が増えてミキサー画面に表示しきれなくなった場合には、以下のいずれかの操作を行ってミキサーをスクロールします:

  • 「ミキサー」>「表示」メニューで「選択部分へ自動スクロール」を選択します。

    チャンネルストリップを選択すると画面がスクロールして、選択したチャンネルストリップが画面に表示されるようになります。

  • 「ミキサー」>「表示」メニューの「スクロール」サブメニューからチャンネルストリップのタイプを選択します。

    図。ミキサーの「表示」メニューの「スクロール」サブメニュー。

    選択した最初のチャンネルストリップのタイプまでミキサー画面がスクロールします。

チャンネルストリップを1つ選択する

チャンネルストリップを1つ選択するには、以下のいずれかの操作を行います:

  • チャンネルストリップのコントロールのない部分をクリックします。

  • ミキサーがフォーカスされているときに、→キーと←キーを使ってチャンネルストリップを選択します。

チャンネルストリップが選択されているとき、トラック領域では選択中のチャンネルストリップに関連するトラックが選択されています。

複数のチャンネルストリップを選択する

複数のチャンネルストリップを選択するには、以下のいずれかの操作を行います:

  • チャンネルストリップのコントロールのない部分をクリックしてから、選択する別のチャンネルストリップにポインタをドラッグします。

  • チャンネルストリップを1つ選択した状態で、Shiftキーを押しながら→キーと←キーを使って別のチャンネルストリップを追加します。

複数のチャンネルストリップが選択されているとき、トラック領域では選択中のチャンネルストリップに関連するトラックが選択されています。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?