Logic Pro X: ミキシングの概要

ミキシングの概要

プロジェクトのミックスでは、さまざまなパートのバランスを整え、これらのパートを1つにまとめます。また、エフェクトを追加してサウンドに変化を加えたり、ルーティングやグループ化によってシグナルフローを制御したり、オートメーションを使って時間の経過に合わせて動的にプロジェクトを変化させたりすることもできます。ミキシングはミキサーで行います。ミキサーはトラック領域の下か、別のウインドウに開きます。

経験と音感から学ぶということ以外、ミキシングに明確なルールはありませんが、一般的には以下の手順で行います。もちろん、自分の作業スタイルに合わせて、異なる順番でミキシングを進めてもかまいません。

ミキシング作業では、チャンネルストリップのミュートおよびソロ機能ミキサーのグループチャンネルストリップ設定の操作、およびミキサーのカスタマイズを通じて、ワークフローの高速化と簡素化に役立つさまざまな方法が見つかります。

ミキサーのチャンネルストリップやプラグインで行った調整が気に入らなかった場合は、「ミキサーの取り消し」を使って調整を取り消すことができます。

また、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、さまざまなミキサー表示を選択することもできます。これによって、実際のミキシング作業で操作するチャンネルストリップだけを表示しておくことができます。

メインウインドウでミキサーを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • コントロールバーの「ミキサー」ボタン をクリックします。

  • 「表示」>「ミキサーを表示」と選択します(またはXキーを押します)。

ミキサーを別のウインドウで開く

  • 「ウインドウ」>「ミキサーを開く」と選択します(またはCommand+2キーを押します)。

別のミキサー表示を選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「シングル」ボタンをクリックして、トラック領域で選択されているトラックに対応するチャンネルストリップのシグナルフローを表示します。

  • 「トラック」ボタンをクリックして、トラック領域で使われているトラックに対応するすべてのチャンネルストリップのシグナルフローを表示します。

  • 「すべて」ボタンをクリックして、プロジェクト内の使用可能なすべてのチャンネルストリップのシグナルフローを表示します。

    図。ミキサーの「すべて」ボタンをポイントする。

    注記:対応するトラックがトラック領域にないものとして、Auxチャンネルストリップや出力チャンネルストリップなどがあります。ただし、ミキサーのメニューバーで「オプション」>「選択したチャンネルストリップのトラックを作成」と選択すれば、こうしたチャンネルストリップのトラックを作成できます。

  • 「ミキサーモードを切り替える(シングル、アレンジ、すべて)」キーボードショートカットを使います。

Track Stackのチャンネルストリップを表示する/隠す

  • ミキサーのチャンネルストリップ下部の開閉用三角ボタンをクリックします。

ミキサーとトラック領域の両方でTrack Stackサブトラックの表示をミラーリングするには、ミキサーのメニューバーで「表示」>「Track Stackに従う」と選択されていることを確認してください。

トラック領域で基本的なミキシング作業を行うこともできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?