Logic Pro X: ノートイベントのアーティキュレーションIDを編集する

ノートイベントのアーティキュレーションIDを編集する

「Logic Pro」に付属のソフトウェア音源(EXS24 mkII、Drum Kit Designer、Studio Horns、Studio Stringsなど)には、MIDIノート用に複数のアーティキュレーションが用意されている場合があります。たとえば、Studio Stringsのソフトウェア音源にはピッツィカートやスタッカートのアーティキュレーションが含まれ、Drum Kit Designerにはさまざまな程度のクローズドおよびオープンハイハットのアーティキュレーションが含まれています。

アーティキュレーションIDを使用すると、1つのMIDIノートに複数のアーティキュレーションを関連付けて、複雑なショートカットキーを使用せずにこれらのアーティキュレーションにアクセスできます。

アーティキュレーションIDはイベントリストで表示および編集できます。

イベントリストにアーティキュレーションIDを表示する

  • イベントリストのメニューで「表示」>「アーティキュレーション」と選択します。

    イベントリストに「アーティキュレーション」列が表示され、各MIDIノートイベントのアーティキュレーションIDが表示されます。アーティキュレーションセットが選択されていない場合は、1〜255の値を選択できます。アーティキュレーションセットが選択されている場合は、使用可能なアーティキュレーションの名前が表示されます。

    イベントリストでMIDIリージョンのイベントを表示しているときは、イベントリストの「表示」メニューで選択できるのは「アーティキュレーション」のみです。

イベントリストでアーティキュレーションIDを編集する

  • 現在のリージョンが含まれるトラックでアーティキュレーションセットが選択されている場合は、ノートイベントのアーティキュレーションの名前をクリックして、別のアーティキュレーションを選択します。

    アーティキュレーションIDパラメータの値を変更すると、その値のアーティキュレーションが演奏されます。選択した値にアーティキュレーションがない場合は、何も演奏されません。

アーティキュレーションIDは、ピアノ・ロール・エディタスコアエディタEXS24 mkIIインストゥルメントエディタでも操作できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?