Logic Pro X: Drum Machine Designerの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Drum Machine Designerの概要

Drum Machine Designerでは、豊富なドラムサウンドやパーカッションサウンドを組み合わせて独自のエレクトロニック・ドラム・キットを作成できます。キットの各ピースのサウンド特性を変更できるコントロールも備えています。GM(General MIDI)規格と互換性があります。

インターフェイスは以下の主要領域に分かれています。

図。ドラムグリッドとSmart Control領域が表示されているDrum Machine Designer。
  • ドラムグリッド: ドラムパッドをクリックすると、そのサウンドが再生されます。パッドごとにキットピースまたはサウンドは異なります。

  • Smart Control領域: 現在選択しているドラムキットまたはドラム・キット・ピースに応じてアップデートされます。個々のパラメータ値を編集できます。

Drum Machine Designerを開く

  1. 「Electronic」または「Hip Hop」のドラマートラックを選択するか、ソフトウェア音源トラックを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ライブラリ」で: 「サウンド」領域で「Drum Machine Designer」ドラムキットを選択し、「ライブラリ」の上部にあるトラックアイコン上にポインタを置きます。トラックアイコン内に表示される「楽器エディタ」ボタンをクリックします。

      図。「ライブラリ」上部のトラックアイコン内に表示された「楽器エディタ」プラグインボタン。
    • インスペクタまたはミキサーで: Drummerトラックの対応するチャンネルストリップのスロットで「Drum Machine Designer」をクリックします。

    • ソフトウェア音源チャンネルストリップで: 音源スロットをクリックし、ポップアップメニューから「Drum Machine Designer」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?