Logic Pro X: ピアノ・ロール・エディタでコードを分割する

ピアノ・ロール・エディタでコードを分割する

以下の機能を使って、コードをピッチごとに分割し、各ノートを異なるMIDIチャンネルに割り当てることができます。

選択したコードで一番上か下のノートを選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • コードの中で最も高いノートを選択するには、ピアノ・ロール・エディタのメニューバーで「編集」>「選択」>「最も高いノート」と選択します。

  • コードの中で最も低いノートを選択するには、「編集」>「選択」>「最も低いノート」と選択します。

これらのコマンドは、コードを含むリージョンで各コードの一番上のノート(通常は旋律)または一番下のノート(ベースライン)を抜き出したいときに便利です。選択したノートをカットまたはコピーして、別のトラックのリージョンにペーストできます。

注記:「最も高いノート」と「最も低いノート」で選択されるのはノートのみです。「カット」などのほかの編集コマンドと組み合わせて、声部を別のMIDIリージョンに移動できます。

ピッチごとに異なるMIDIチャンネルにノートを割り当てる

  1. ピアノ・ロール・エディタの左端にあるキーボードの鍵盤をクリックして、割り当てを変更したいノートを選択します。

    • Shiftキーを押しながらクリックして複数の鍵盤を選択できます。

    • キーボード上でドラッグすると、連続しているピッチを範囲で選択できます。

  2. ピアノ・ロール・エディタのメニューバーで、「機能」>「MIDIチャンネルをボイス番号に設定」と選択します。

選択したMIDIリージョンのノートピッチに、MIDIチャンネル番号が昇順で割り当てられます。各コードで一番高いノートピッチにMIDIチャンネル1、次に高いノートピッチにチャンネル2が割り当てられるといった具合です。

注記:上記のコマンドを利用すると、MIDIリージョンが変更されます。操作後、このMIDIリージョンに複数のMIDIチャンネルにまたがる情報が収容されます。

「MIDIチャンネルをボイス番号に設定」機能を使用した後、トラック領域のメニューバーで「編集」>「MIDIイベントを分離」>「イベントチャンネルで」と選択すれば、ノートごとに新しいMIDIリージョンを作成できます。この処理で作成したリージョンは別のトラック(およびチャンネル)に割り当てられるため、各ボイスに対して異なる音源を割り当てることが可能になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?