Logic Pro X: ピアノ・ロール・エディタでノートをタイムストレッチする

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ピアノ・ロール・エディタでノートをタイムストレッチする

ピアノ・ロール・エディタでは、タイムハンドルを使ってノートをタイムストレッチできます。

ノートをタイムストレッチする

  1. ピアノ・ロール・エディタのメニューバーで「機能」>「タイムハンドル」と選択します。

  2. ドラッグして、必要な範囲のノートを選択します。

    選択範囲が青色の矩形で強調表示され、両端にタイムハンドルが追加されます。また、スナップ設定に従って最も近いグリッド位置にクオンタイズされます。

    図。Flexマーカーが表示されているピアノ・ロール・エディタ。
  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 選択したノートをタイムストレッチするには: いずれかのタイムハンドルの上部をドラッグします。もう一方のタイムハンドルが軸になります。

      2つのタイムハンドルの位置を入れ替えると、ノートの相対的な開始位置が維持されます。たとえば、コードの各音の開始位置は同じままになります。Shiftキーを押したままドラッグして2つのタイムハンドルの位置を入れ替えると、すべてのノートの位置が反転します。

    • タイムハンドルの境界を調整するには: いずれかのタイムハンドルの下部をドラッグします。

注記:Shiftキーを押したままノートをクリックして選択/選択解除を切り替えることができます。Option+Shiftキーを押したままドラッグして、必要な範囲のノートを選択することもできます。最初にピアノ・ロール・エディタのメニューバーで「機能」>「タイムハンドル」と選択する必要はありません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?