Logic Pro X: ピアノ・ロール・エディタでノートのサイズを変更する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ピアノ・ロール・エディタでノートのサイズを変更する

ピアノ・ロール・エディタでは、ノートのサイズを変更して、ノートの長さ(ノート値)を変更することができます。ポインタツール、フィンガーツール、または鉛筆ツールを使って、開始位置と終了位置のどちらからでもノートのサイズを変更できます。

ピアノ・ロール・エディタのメニューバーにある「編集」>「トリム」サブメニューには、選択したノートの長さを変更する(周囲のノートや重なっているノートを考慮して)ためのいくつかのコマンドがあります。これらのコマンドは、ノートの開始位置および終了位置を整頓する場合に非常に便利です。

ノートのサイズを変更する

  • ポインタツール、フィンガーツール、または鉛筆ツールで、ノートの左端または右端のいずれかを左右にドラッグします。

    図。ピアノ・ロール・エディタの右端をドラッグしてノートのサイズを変更しています。

    ドラッグしている間、ノートの長さに関する情報がヘルプタグに表示されます。

ヒント:ノートが短すぎて、隅をつかみにくい場合があります。フィンガーツールならば、どのようなノートでもつかむことができ、長さを変更したり拡大表示したりできます。

複数のノートのサイズを変更する

  • ノートを複数選択し、いずれかのノートの端をドラッグします。

    選択したノート間の相対的な長さの違いは維持されます。

選択したノートに同じ終了位置を設定する

  • Shiftキーを押しながら、選択したノートのいずれかの長さを変更します。

選択したノートを同じ長さにする

  • Option+Shiftキーを押しながら、選択した複数のノートのいずれかをドラッグします。

ノートの開始位置または終了位置を再生ヘッドの位置に設定する

以下のいずれかのキーボードショートカットを使います:

  • リージョン/イベント/マーキーの開始位置を再生ヘッドの位置に設定

  • リージョン/イベント/マーキーの終了位置を再生ヘッドの位置に設定

ノートの重なりを取り除く

  1. 編集するノートを選択します。

  2. ピアノ・ロール・エディタのメニューバーの「編集」>「トリム」サブメニューで表示される以下のコマンドからいずれかを選択します:

    • 選択したノートの重なり

    • 隣接するノートの重なり

    • 繰り返すノートの重なり

ノートをレガートにする

  1. 編集するノートを選択します。

  2. ピアノ・ロール・エディタのメニューバーの「編集」>「トリム」サブメニューで表示される以下のコマンドからいずれかを選択します:

    • ノートの開始位置から再生ヘッドまで

    • ノートの終了位置から再生ヘッドまで

    • ノートの終了位置から選択したノートまで

    • ノートの終了位置から後続のノートまで

サスティンペダルのイベントをノートの長さに変換する

  • ピアノ・ロール・エディタのメニューバーで、「機能」>「サスティンペダルをノートの長さに変換」と選択します。

選択したノートイベントで利用しているすべてのサスティンペダルイベント(コントローラ#64)が分析され、ノートイベントが長くなります。コントローラ#64(サスティンペダル)のオフメッセージ位置までノートイベントが引き延ばされます。

ペダルイベント(コントローラ#64オンおよびオフ)は、このコマンドを使用した後に消去されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?