Logic Pro X: ピアノ・ロール・エディタでノートをコピーする

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ピアノ・ロール・エディタでノートをコピーする

ピアノ・ロール・エディタでは、いくつかの方法でノートをコピーまたは移動できます。Optionキーを押しながらドラッグする方法や「コピー」/「ペースト」メニューコマンドを使用する方法以外に、イベントを直接入れ替える、リージョンの一部に含まれるすべてのノートを同じリージョン内の別の部分または別のリージョンに結合するといった、高度なコピーおよび移動操作を使用できます。

ノートをコピーする

以下のいずれかの操作を行います:

  • Optionキーを押しながらノートを新しい位置にドラッグします。

    図。ピアノ・ロール・エディタでOptionキーを押しながらノートをドラッグしてコピーしています。

    ヒント:Optionキーを押しながらノートをドラッグする方法は、異なるリージョンを表示している2つのピアノ・ロール・エディタ・ウインドウ間や、異なるプロジェクトのピアノ・ロール・エディタ・ウインドウ間でも使用できます。

  • 以下のいずれかのクリップボードコマンドを使います:

    • 「編集」>「カット」(またはCommand+Xキー)で、ノートをクリップボードに移動します。

    • 「編集」>「コピー」(またはCommand+Cキー)で、ノートをクリップボードにコピーします。

    • 「編集」>「ペースト」(またはCommand+Vキー)で、元のピッチを保ちながら、現在の再生ヘッド位置にノートをペーストします。

ある範囲内のMIDIイベントをコピーまたは移動する

  1. 左右のロケータを使って、移動またはコピーしたい領域を指定します。

  2. イベントをほかのトラックにコピーまたは移動するには、イベントのコピー先となるトラックを選択します。

  3. 挿入位置に再生ヘッドを合わせます。

  4. 「編集」>「MIDIイベントをコピー」と選択します。

  5. 「MIDIイベントをコピー」ダイアログで、設定を選択してから「OK」をクリックします。

    図。「MIDIイベントをコピー」ダイアログ。
    • 「モード」ポップアップメニュー: 以下のいずれかのオプションを選択します:

      • コピーして結合: コピーしたデータが、目的の位置にあるデータと結合します。

      • コピーして置換: 目的の位置にあるデータが削除され、コピーしたデータに置き換わります。

      • コピーして挿入: 目的の位置にある全データが、ソース領域の長さ分だけ右に移動します。

      • 移動して結合、移動して置換、移動して挿入: この3つのモードはコピーの場合とほぼ同じですが、選択したイベントが移動し、元の位置からは削除されます。

      • 回転: ソースイベントは目的の位置に動きます。以前、目的の位置にあったデータと、元の位置と目的の位置の間にあるデータは、すべて元の位置の方向に動きます。これは、中央の回転ポイント(元の位置と目的の位置の中間)を中心にしてデータが回転するということです。

      • ダイレクトスワップ: ソースのデータを、目的の位置から始まる同じ長さのデータと交換します。これにより、たとえば全4小節のMIDIリージョンで小節1にあるノートを、同じリージョンにある小節3のノートと交換できます。

      • 削除: ソースのリージョンからMIDIデータを削除しますが、リージョンは元の位置に残します。

    • 「左ロケータ」および「右ロケータ」: 左右のロケータで指定したソース領域を編集できます。

    • 指定先: 再生ヘッド位置に関係なく目的の位置を指定します。

    • コピーの数: コピーの数を指定します。

    • 新規リージョンを作成: 選択すると、目的の位置に新しいMIDIリージョンが作成されます。コピーした(または移動した)イベントも含まれます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?