Logic Pro X: 項目をピアノ・ロール・エディタのグリッドにスナップする

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
項目をピアノ・ロール・エディタのグリッドにスナップする

ピアノ・ロール・エディタには、トラック領域のグリッドと同様のグリッドがあります。 「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、トラック領域グリッドのスナップ値に関係なく、ピアノロールグリッドのスナップ値を設定できます。ピアノ・ロール・エディタの「スナップ」ポップアップメニューには、特定の音価を含む追加の値が表示されます。

「スナップ」ポップアップメニュー設定は、ノートイベントの移動、コピー、カット、およびサイズ変更、マーカーの移動、追加、およびサイズ変更、およびサイクル範囲の設定に適用されます。ノートやその他の項目は相対位置または絶対位置を使ってスナップでき、一時的にスナップグリッドを無効にすることもできます(より細かい編集や調整が可能になります)。

ピアノ・ロール・エディタ・グリッドのスナップ値を設定する

  • ピアノ・ロール・エディタのメニューバーで「スナップ」ポップアップメニューから値を選択します:

    図。ピアノ・ロール・エディタのメニューバーの「スナップ」ポップアップメニュー。
    • スマート: 編集操作を行うと、現在のルーラのディビジョン値および拡大/縮小レベルに従って、最も近い小節、拍、サブ拍などにスナップします。

    • 小節: 編集操作を行うと、最も近い小節にスナップします。

    • ビート: 編集操作を行うと、小節内の最も近い拍にスナップします。

    • ディビジョン: 編集操作を行うと、最も近いディビジョン(LCDやルーラに表示される拍子)にスナップします。

    • ティック: 編集操作を行うと、最も近いクロックティック(1拍の1/3840)にスナップします。

    • フレーム: 編集操作を行うと、最も近いSMPTEフレームにスナップします。

    • 音価: 1/1(全音符)から1/64 – 3連符までの音価を選択します。

デフォルトでは、スナップ機能は相対位置で動作するため、ノートやその他の項目を移動した場合は元の位置からの相対距離が保持されます。相対位置は「ノートを絶対値にスナップ」オプションで変更できます。

絶対位置にスナップする

  • 「スナップ」ポップアップメニューから「ノートを絶対値にスナップ」を選択します。

「ノートを絶対値にスナップ」がアクティブな場合は、イベントを移動すると、相対位置ではなく正確なグリッド位置に移動します。たとえば、1.2.1.16位置から小節2付近に移動すると、相対位置(2.2.1.16)ではなく、小節の先頭(2.1.1.1位置)にスナップされます。絶対位置はノートを拍に正確に合わせたい場合に便利ですが、リズムが機械的になる場合があります。

グリッドを一時的に無効にする

以下のいずれかの操作を行います:

  • Controlキーを押しながら編集操作を行います。

    LCDで選択したディビジョン値(1/16など)により、編集グリッドのスケールが決まります。

  • Control+Shiftキーを押しながら編集操作を行います。

    編集グリッドがティックに変わります。

項目をグリッドにスナップする方法について詳しくは、項目をグリッドにスナップするを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?