Logic Pro X: ピアノ・ロール・エディタでノートを追加する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ピアノ・ロール・エディタでノートを追加する

ピアノ・ロール・エディタで鉛筆ツールまたはブラシツールを使ってノートを追加できます。コンピュータのキーボードを使ってノートを追加することもできます。詳しくは、ステップ入力録音テクニックを使うを参照してください。

ヒント:ピアノ・ロール・エディタのメニューバーの情報ディスプレイには、ポインタ位置のノート名と時間位置が表示されます。情報ディスプレイを見ながらポインタを使ってノートを追加すれば、正確な位置に追加できます。

ノートを追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Controlキーを押しながらピアノ・ロール・エディタの背景領域をクリックして、ショートカットメニューから「ノートを作成」を選択します。

  • 鉛筆ツールを選択して、ノートの開始位置をクリックします。

    ControlキーとShiftキーを押しながらクリックすると、現在のスナップ設定に関係なく、クリックした位置にノートが追加されます。

新しく作成するノートの長さ、ベロシティ、およびチャンネルは、前回作成または編集したノートイベントと同じになります。新しいプロジェクトを開始したときのデフォルト値は、長さ240ティック、ベロシティ80、MIDIチャンネル1です。

注記:鉛筆ツールを使ってノートを作成するときは、同時にノートの長さを編集できます。マウスボタンを押しながら左右にドラッグします。

特定の長さのノートを追加する

  • 鉛筆ツールを選択して、ノートの開始位置をクリックしてから、左右にドラッグします。

    図。鉛筆ツールでドラッグして特定の長さのノートを作成しています。

変更中の長さがヘルプタグにリアルタイムで表示されます。

OptionキーまたはControlキーを押しながら操作すると、ノートの長さを細かく調整できます(項目をピアノ・ロール・エディタのグリッドにスナップするを参照してください)。

定義した時間およびピッチ設定に基づいてノートを追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ブラシツールを選択してから、左右にドラッグします。

    追加するノートの繰り返し数は現在の「タイムクオンタイズ」設定に基づき、ピッチは現在の「スケールクオンタイズ」設定値に基づきます。

  • ブラシツールを選択し、左右にドラッグしてから、ドラッグ中にShiftキーを押して放します。

    これにより、すべてのノートが同じピッチに制限されます。

ブラシパターンを定義する

  1. パターンとして使用したい短い音楽フレーズのノートを選択します。

  2. ブラシツールを選択してから、Controlキーを押したまま、選択したノートをブラシツールでクリックします。

  3. ショートカットメニューから「ブラシパターンを定義」を選択します。

ブラシパターンを定義すると、ブラシツールを使ってそのパターンを「ペイント」できます。パターンの繰り返しの単位は、「タイムクオンタイズ」の現在の設定によって決まります。「スケールクオンタイズ」の設定を調整すると、パターンが特定のスケールのノートに制限されます。

既存のノートを別の位置またはピッチに複製する

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • Controlキーを押しながら複製元のノートをクリックして、ショートカットメニューから「デフォルトノートとして定義」を選択します。

    • 鉛筆ツールで、複製元のノートをクリックします。

    注記:既存のノートを編集すると、そのノートがデフォルトのノートとして定義されます。

  2. 鉛筆ツールを使って、ピアノ・ロール・エディタの背景領域を目的の位置でクリックします。

新しいノートの長さ、ベロシティ、およびチャンネルは、デフォルトのノートと同じになります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?