MacのためのKeynote: 共有Keynoteプレゼンテーションで共同制作をする

共有Keynoteプレゼンテーションで共同制作をする

共有プレゼンテーションのオーナーと共同制作の参加者のどちらであっても、プレゼンテーションを開いた後、ほかの人が行った変更の内容を確認したり、編集アクティビティの表示/非表示を切り替えたりできます。

ツールバーの「共同制作」ボタンには、プレゼンテーションを現在編集または閲覧している人の数(自分を除く)が表示され、参加者リストにはその名前が表示されます。

共同制作への参加依頼を承諾する

共有プレゼンテーションへのリンクを受け取ったときは、オーナーが設定したアクセス権、コンピュータにインストールされているKeynoteとmacOSのバージョン、およびiCloudにサインインしているかどうかによって、リンクをクリックしたときの動作が変化します。

  1. 受け取ったメール、メッセージ、または投稿に記載されているリンクをクリックします。

  2. 必要に応じて、Apple IDでiCloudにサインインするか、表示される指示に従います。

    プレゼンテーションは以下の方法で開きます:

    • Macの場合: MacでiCloudが設定されていてサインインしているかどうか、どこでリンクをクリックしたか(Macの「メール」やWebページなど)、コンピュータにmacOS High Sierra 10.13以降とKeynote 9.1以降がインストールされているかどうかに応じて、プレゼンテーションはMacのKeynoteまたはKeynote for iCloudで開きます。

    • MacまたはWindowsコンピュータからiCloud.comを使用している場合: WebブラウザでiCloud.comにサインインしている場合、プレゼンテーションはKeynote for iCloudで開き、プレゼンテーションマネージャとiCloud Driveに追加されます。

    • iOS 11以降とKeynote 5.1以降が搭載されたiOSデバイスの場合: プレゼンテーションはiOSデバイスのKeynoteで開き、プレゼンテーションマネージャに追加されます。

    • Androidデバイス、またはiOS 11以降とKeynote 5.1以降が搭載されていないiOSデバイスの場合: プレゼンテーションはブラウザで開きます。この場合、閲覧はできますが、編集はできません。

参加依頼を承諾できない場合は、iCloudとシステムの要件を満たしていることを確認してください。

共有プレゼンテーションで共同制作をする

  1. 共有プレゼンテーションを開きます。

    プレゼンテーションを以前に開いた場合は、iCloud Driveの「Keynote」フォルダでそのプレゼンテーションを探します。プレゼンテーションが見つからない場合は、受信したメール、メッセージ、投稿でリンクをクリックし、要求された場合はサインインします。

    プレゼンテーションを開けない場合は、上記の「共同制作への参加依頼を承諾する」を参照してください。

  2. プレゼンテーションを編集します。

    自分とほかのユーザがプレゼンテーションに加えた編集内容は、リアルタイムで表示されます。カラーのカーソルおよびカラーで選択されたテキストやオブジェクトは、ほかの人が現在編集している個所を示しています。カラーのカーソルの上にポインタを移動すると、だれが編集しているかが表示されます。

  3. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    •  現在プレゼンテーションで作業している人を確認する: ツールバー「共同制作者」ボタン をクリックして参加者リストを開きます。参加者リストでは、プレゼンテーションの参加者と現在編集または閲覧している人を確認できます。

      ボタンには、プレゼンテーションを現在編集または閲覧している人の数(自分を除く)が表示されます。

    •  特定の人の編集を追跡する: 参加者リストでその人の名前の横にあるカラーのドットをクリックします。カラーのドットが表示されない場合、その人はプレゼンテーションを開いていますが積極的に編集は行っていません。

    •  アクティビティ(カラーのカーソルまたは選択)を隠す/表示する: 画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「共同制作アクティビティを隠す」または「表示」>「共同制作アクティビティを表示」と選択します。

    • 不一致を解消する: 不一致があるときは、プレゼンテーションのオーナーにダイアログが表示されます。保持するバージョンを選択します。複数のバージョンを保持する場合、共有バージョンには、その中で最新バージョンが反映されます。

ツールバーの「共同制作」ボタン 「オフラインでの共同制作」ボタン に通知が表示される場合は、コンピュータがオフラインです。オンラインに戻るまではプレゼンテーションを編集できません。インターネットに接続されていることを確認して、コンピュータが再接続するのを待ってください。

共有プレゼンテーションへの参加を止める

共有しているプレゼンテーションにアクセスする必要がなくなったら、参加者リストから自分自身を削除できます。

  1. ツールバー「共同制作者」ボタン をクリックします。

  2. 自分の名前の上にポインタを移動し、表示される3つのドットをクリックしてから、「自分を削除」を選択します。

参加者リストから自分の名前を削除すると、iCloud Driveからそのプレゼンテーションが削除されます。後でプレゼンテーションにアクセスしたい場合は、元のリンクを使って開くことができます。

注記:ほかの人と共有されているプレゼンテーションではKeynoteの一部の機能が使用できません。詳しくは、この Appleサポート記事を参照してください。

Published Date: 2019/07/03
Helpful?