MacのためのKeynote: プレゼンテーションをパスワードで保護する

プレゼンテーションをパスワードで保護する

プレゼンテーションにパスワードを割り当てると、パスワードを知っているユーザしかそのプレゼンテーションを開けなくなります。パスワードは、数字、大文字または小文字の英字、および特殊キーボード文字をほとんど任意で組み合わせて構成できます。

プレゼンテーションに設定できるパスワードは1つだけです。プレゼンテーションをほかのユーザと共有するときに既存のパスワードを変更した場合、元のパスワードは新しいパスワードに置き換えられます。プレゼンテーションを共有した後でパスワードを追加する場合は、参加者に伝えてください。

重要: パスワードを忘れた場合、回復する方法はありません。忘れることがないパスワードを選択するか、パスワードを書き留めて安全な所に保管するようにしてください。

コンピュータにTouch ID(指紋検出機能)が搭載されている場合は、それを使用して、パスワードで保護されたプレゼンテーションを指紋だけで開くことができます。

プレゼンテーションを開くときにパスワードを要求する

  • 画面上部の「ファイル」メニューで、「ファイル」>「パスワードを設定」と選択し、要求された情報を入力してから、「パスワードを設定」をクリックします。

    コンピュータにTouch IDが設定されていない場合は、「このパスワードをキーチェーンに保存」が表示されます。このチェックボックスを選択してキーチェーンにパスワードを追加すると、パスワードを毎回入力する必要がなくなります。

    コンピュータにTouch IDが設定されている場合は、「Touch IDで開く」が表示されます。このチェックボックスを選択すると、このプレゼンテーションでTouch IDがオンになります。

注記:プレゼンテーションにパスワードを追加すると、ファイルが暗号化されます。

パスワードを変更または削除する

プレゼンテーションを開いて、以下のいずれかの操作を行います:

  • パスワードを変更する: 画面上部の「ファイル」メニューから、「ファイル」>「パスワードを変更」と選択します。要求された情報を入力してから、「パスワードを変更」をクリックします。

  • パスワードを削除する: 「ファイル」>「パスワードを変更」と選択します。古いパスワードを入力してから、「パスワードを削除」をクリックします。

パスワードで保護されたプレゼンテーションを開けるようにTouch IDを設定する

Touch IDを使用してパスワードで保護されたプレゼンテーションを開くには、コンピュータでTouch IDを設定する必要があります。

Touch IDを設定するには、以下の両方の操作を行います:

  • MacにTouch IDを設定する: アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「Touch ID」をクリックし、「指紋を追加」をクリックしてから、画面の指示に従います。

    注記:「Touch ID」が表示されない場合は、お使いのMacではこの機能を使用できません。

  • KeynoteにTouch IDを設定する: Keynoteの画面上部の「Keynote」メニューで、「Keynote」>「環境設定」と選択し、「Touch IDを使用」を選択します。

パスワードで保護されたプレゼンテーションをTouch IDで開く

  • プレゼンテーションをダブルクリックしてから、キーボード上部のTouch Barの右端に指を置きます。

プレゼンテーションにパスワードを追加するか、既存のパスワードを変更した場合、新しいパスワードは、パスワードを追加または変更した以降のバージョンにのみ適用されます。

プレゼンテーションを共有している場合、このプレゼンテーションの保護されていないバージョンや古いパスワードがかけられたバージョンをほかのユーザが復元できないようにするには、プレゼンテーションの共有を停止し、新しいパスワードを追加してから、プレゼンテーションを再度共有します。

注記:プレゼンテーションの再生中にプレゼンテーションを停止または終了するための別のパスワードを要求して、プレゼンテーションを保護することもできます。パスワードの要求は、たとえばキオスクでプレゼンテーションを自動的に再生するように設定している場合などに便利です。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?