MacのためのKeynote: 双方向テキスト用にKeynoteの表をフォーマットする

双方向テキスト用にKeynoteの表をフォーマットする

Keynoteでは双方向テキストをサポートしています。そのため、左から右へと書くテキスト(英語や中国語など)と右から左へと書くテキスト(アラビア語やヘブライ語など)を同じプレゼンテーション内に入力して編集できます。異なる言語に対応するために表の方向を逆転することもできます。

注記:セルのテキストまたは表全体の方向を変更するには、テキスト方向が異なる入力ソース用にデバイスが設定されている必要があります。たとえば、一方のキーボードは右から左に入力する言語(ヘブライ語など)用、別のキーボードは左から右に入力する言語(英語など)用に設定します。右から左に入力する言語用のキーボードを追加するときにKeynoteが開いている場合は、Keynoteを再起動してから、双方向のコントロールを表示する必要があります。ほかの言語のキーボードやその他の入力ソースを設定するを参照してください。

表セル内にあるテキストのデフォルトの方向は、(入力メニューで選択されている)現在のキーボードを基盤とします。

表のテキストの方向を変更する

選択したセルのテキストの方向を変更できます。

  1. 変更したいテキストを含むセルを選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「テキスト」タブをクリックしてから、サイドバーの上部付近にある「スタイル」ボタンをクリックします。

  3. 「配置」セクションの 「段落の方向」ボタン をクリックします。

    テキストの配置コントロールの「段落の方向」ボタン。

表の方向を逆転する

表の方向を変更してヘッダ行、列順、およびその他の表要素を逆転できます。

  1. 表をクリックします。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • 画面上部の「フォーマット」メニューで「フォーマット」>「表」>「表の方向を逆転」と選択します。

    • 「フォーマット」  サイドバーの「表」タブをクリックしてから、サイドバーの下部にある「表の方向」ボタンをクリックします。

方向を変更すると、セルの配置は以下のように影響を受けます:

  • 文字揃えが自動的に設定されていた(デフォルト設定)テキストセルは、テキストの配置が変更されます。

  • 文字揃えが自動的に設定されていた(デフォルト設定)数値セルは、数値の配置は変更されません。(数値は常に右揃えで自動的に設定されます。)

  • セルの配置が右、左、または中央に設定されている場合は、その配置が保持されます。

  • 配置が具体的に両端揃えに設定されていたセルは、長さが1行分に満たない行のギャップが右側から左側に変更されます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?