MacのためのKeynote: Keynoteプレゼンテーションでテキストを配置する

Keynoteプレゼンテーションでテキストを配置する

表のセル、テキストボックス、または図形内のテキストを、左揃え、右揃え、中央揃え、または両端揃えに調整することができます。

テキストを配置する/位置を揃える

  1. テキストの任意の部分を選択するか、テキストボックス、またはテキストを含む図形をクリックします。表で作業している場合は、表のセルをクリックするか、行または列を選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「テキスト」タブをクリックします。

  3. サイドバーの上部にある「スタイル」ボタンをクリックしてから、目的の配置ボタンをクリックします。

    サイドバーの「配置」セクション。テキストを横方向に揃えるボタンや、テキストを左右に移動するボタン、テキストを縦方向に揃えるボタンが表示された状態。

テキストの余白を設定する

テキストボックス、図形、または表セル内のテキストとテキストを含むオブジェクトの間には、デフォルトの間隔が設定されています。その間隔は別の余白を設定することで調整できます。段落の最初の行にインデントを設定して、読者がテキストを把握するのに役立つ視覚的な区切りを作成することもできます。

  1. 余白を変更したいテキストを選択します。

  2. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    • ルーラで、余白マーカー(青い三角形)と最初の行のインデントマーカー(青い四角形)を目的の位置までドラッグします。ルーラが表示されていない場合は、ツールバー「表示」メニューボタン をクリックしてから、「ルーラを表示」を選択します。

    • 段落全体のインデントを増やしたり減らしたりするには、サイドバーの上部近くにある「スタイル」ボタンをクリックしてから、「配置」セクションのデフォルトのインデントボタンのいずれかをクリックします。

      段落の配置のオプション。
    • サイドバーの上部にある「テキスト」タブをクリックし、段落スタイルの下の「レイアウト」ボタンをクリックしてから、「インデント」の横の開閉用三角ボタンをクリックします。

      「フォーマット」サイドバーの「レイアウト」セクション。最初の行のインデントと段落余白を設定するためのコントロールが表示された状態。
公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?