MacのためのKeynote: Keynoteのスライドにテキストを追加する

Keynoteのスライドにテキストを追加する

スライドにテキストを追加するには、プレースホルダテキストを置き換えるか、テキストボックスまたは図形を追加してからそれらにテキストを入力します。

プレースホルダテキストを置き換える

  • プレースホルダテキストをダブルクリックしてから、独自のテキストを入力します。

テーマ内のプレースホルダテキストに削除したいものがある場合は、テキストを1回クリックしてそのテキストボックスを選択してから、キーボードのDeleteキーを押します。

テキストボックスを追加する

  1. ツールバー「テキスト」ボタン をクリックします。

    スライドにテキストボックスが追加されます(テキストの外観は後で変更できます)。

  2. 目的の位置までテキストボックスをドラッグします。

    ボックスを移動できない場合は、ボックスの外側をクリックしてテキストの選択を解除してから、もう一度テキストをクリックしてそのテキストボックスを選択します。

  3. 入力してプレースホルダテキストを置き換えます。

  4. テキストボックスのサイズを変更するには、ボックスの左右にある選択ハンドルをドラッグします。

テキストボックスを削除するには、テキストボックスをクリック(周りに青い外枠が表示されます)してから、キーボードのDeleteキーを押します。青い外枠が表示されない場合は、ボックスの外側をクリックしてテキストの選択を解除してから、もう一度テキストをクリックしてそのテキストボックスを選択します。

テキストボックスは、回転させたり、枠線を変更したり、色で塗りつぶしたり、ほかのオブジェクトに重ねたりといったように、その他のほとんどのオブジェクトと同じように変更することができます。詳しくは、イメージ、グラフ、およびその他のオブジェクトの概要を参照してください。

プレゼンテーションのデフォルトのテキストボックスを設定する

すべてのKeynoteテーマには、デフォルトのテキストボックス・スタイルが用意されているため、プレゼンテーションにテキストボックスを追加してテキストを入力すると、テキストボックスおよびテキストにこのスタイルが適用されます。フォント、フォントカラー、塗りのカラーなどを変更することによってこのデフォルトスタイルを変更し、プレゼンテーションの新しいデフォルトスタイルとすることができます。そのデフォルト・テキスト・ボックス・スタイルは、作成先のプレゼンテーションにのみ適用されます。

  1. プレゼンテーションにテキストボックスを追加し、必要に応じて変更します。

    フォントやフォントサイズを変更したり、ボックスに枠線を追加したりできます。

  2. テキストボックスをクリックして選択します。

  3. 画面上部の「フォーマット」メニューから「フォーマット」>「詳細」>「デフォルトのテキストボックスのアピアランスとして設定」と選択します。

デフォルトはいつでも変更でき、すでにプレゼンテーション内にあるテキストボックスには影響しません。

スライドにすでに存在するほかのテキストボックスに同じデザイン変更を適用したい場合は、デフォルトのテキストボックスのスタイルをオブジェクトスタイルとして保存し、そのオブジェクトスタイルをほかのテキストボックスに適用できます。

図形内にテキストを追加する

  • 図形をダブルクリックして挿入ポイントを表示し、テキストを入力します。

    図形内に表示するテキストの分量が多すぎる場合、クリッピングインジケータ が表示されます。図形のサイズを変更するには、図形を選択して、すべてのテキストが表示されるまで選択ハンドルをドラッグします。

スライド上のほかのテキストと同じように、図形内部のテキストの外観を変更できます。

オブジェクトにキャプションやラベルを追加する方法については、イメージまたはその他のオブジェクトのキャプションを作成するを参照してください。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?