MacのためのKeynote: オブジェクトを配置する/揃える

オブジェクトを配置する/揃える

複数のオブジェクトを相互に揃えることも、オブジェクトの位置をX Y 座標で指定することもできます。

注記:オブジェクトがテキストと一緒にインラインで配置されている場合は、現在のテキストフロー内の別の位置、または別のテキストボックスや図形にオブジェクトをドラッグ(またはカット&ペースト)するだけでオブジェクトの位置を変更できます。テキストボックスや図形の外側にインラインオブジェクトを移動する方法については、インラインオブジェクトをスライドに移動するを参照してください。

XY 座標を使ってオブジェクトを配置する

  1. オブジェクトをクリックして選択するか、複数のオブジェクトを選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックします。

  3. 「位置」フィールドにXおよびYの値を入力します。

    X の値はスライド左端からオブジェクトの左上隅までの距離を表します。

    Y の値はスライド上端からオブジェクトの左上隅までの距離を表します。

オブジェクトをドラッグすると、そのx 座標とy座標が表示されます。

オブジェクトを少しずつ移動する

オブジェクトを1ポイント単位で移動して、スライド上により正確に配置することができます。

  1. オブジェクトをクリックして選択します。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • オブジェクトを1ポイント移動する: 矢印キーを押します。

    • オブジェクトを10ポイント移動する: Shiftキーを押したまま矢印キーを押します。

ヒント:複数のオブジェクトを選択してから、それらを同時に移動できます。

オブジェクトを縦または横に並べる

オブジェクトが縦軸または横軸に沿って並ぶように配置することができます。

  1. オブジェクトをクリックして選択するか、複数のオブジェクトを選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックします。

  3. 「配置」ポップアップメニューをクリックし、オプションを選択します。

    選択されたオブジェクトが1つの場合、スライドに合わせて整列されます。2つ以上のオブジェクトを選択した場合、オブジェクトは選択した方向の一番端のオブジェクトに揃います。たとえば、3つのオブジェクトを左方向に整列する場合、左端のオブジェクトは動かず、残りのオブジェクトがそれに合わせて整列されます。

オブジェクトを等間隔で配置する

オブジェクトを横軸または縦軸上、または両方の軸上に等間隔に配置することができます。

  1. 3つ以上のオブジェクトを選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックします。

  3. 「均等に配置」ポップアップメニューをクリックし、オプションを選択します:

    • 均等: 横軸と縦軸の両方に沿ってオブジェクトが等間隔で配置されます。

    • 横方向: 横軸に沿ってオブジェクトが等間隔で配置されます。

    • 縦方向: 縦軸に沿ってオブジェクトが等間隔で配置されます。

ヒント:「配置」コントロールを別のウインドウに開いて、好きな場所に移動できるようにすることができます。画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「配置ツールを表示」と選択します。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?