MacのためのKeynote: Keynote for Macのキーボードショートカット

Keynote for Macのキーボードショートカット

キーボードショートカットを使って、Keynoteで多くのタスクをすばやく処理できます。キーボードショートカットを使うときは、ショートカットのすべてのキーを同時に押してください。

一般

操作

ショートカット

音声入力を開始する

Fnキーを2回押す

「テーマセレクタ」を開く

Command+N

「テーマセレクタ」を開いて「言語」ポップアップメニューを表示する

Option+Command+N

「テーマセレクタ」を終了する

Esc

既存のプレゼンテーションを開く

Command+O

プレゼンテーションを保存する

Command+S

別名で保存する

Option+Shift+Command+S

プレゼンテーションを複製する

Option+Command+S

プレゼンテーションをプリントする

Command+P

Keynoteユーザガイドを開く

Shift+Command+疑問符(?)

ウインドウを閉じる

Command+W

すべてのウインドウを閉じる

Option+Command+W

ウインドウをしまう

Command+M

すべてのウインドウをしまう

Option+Command+M

フルスクリーン表示に入る

Control+Command+F

拡大する

Command+右山かっこ(>)

縮小する

Command+左山かっこ(<)

「環境設定」ウインドウを表示する

Command+カンマ(,)

選択部分に合わせて拡大する

Shift+Command+0

ウインドウ内のコンテンツ(広くなったキャンバスにあるオブジェクトを含む)に合わせて拡大/縮小する

Option+Shift+Command+0

ウインドウ内のスライドに合わせる

Option+Command+0

実際のサイズに戻す

Command+0

タブバーを表示する/隠す

Shift+Command+T

プレゼンテーションのルーラを表示する

Command+R

挿入するファイルを選択する

Shift+Command+V

「カラー」ウインドウを表示する

Shift+Command+C

ツールバーを表示する/隠す

Option+Command+T

ツールバーの項目を並べ替える

Commandキーを押したままドラッグ

ツールバーから項目を削除する

Command+ツールバーの外へドラッグ

インスペクタサイドバーを表示する/隠す

Option+Command+I

オブジェクトリストを表示する/隠す

Shift+Command+L

オブジェクトリストのフィルタメニューですべてのオブジェクトタイプを選択する

Command+A

オブジェクトリストのフィルタメニューですべてのオブジェクトタイプの選択を解除する

Shift+Command+A

サイドバー内の次のタブを開く

Control+グレイブ(`)

サイドバー内の前のタブを開く

Shift+Control+グレイブ(`)

「マスタースライドを編集」を開始する/終了する

Shift+Command+E

新規マスタースライドを追加する(「マスタースライドを編集」表示から)

Shift+Command+N

Keynoteを隠す

Command+H

ほかのウインドウを隠す

Option+Command+H

直前の操作を取り消す

Command+Z

直前の操作をやり直す

Shift+Command+Z

Keynoteを終了する

Command+Q

Keynoteを終了し、ウインドウを開いたままにする

Option+Command+Q

プレゼンテーション内を移動する

操作

ショートカット

1文字左に移動する

1文字右に移動する

1文字後ろに移動する(左から右のテキスト、右から左のテキストで有効)

Control+B

1文字前に移動する(左から右のテキスト、右から左のテキストで有効)

Control+F

上の行に移動する

下の行に移動する

現在位置または直前の語の先頭に移動する

Option+ ←またはControl+Option+B

現在位置または直後の語の末尾に移動する

Option+ →またはControl+Option+F

現在のテキスト領域の最初に移動する

Command+ ↑

現在のテキスト領域の一番下に移動する

Command+ ↓

現在の行の最初に移動する

Command+ ←

現在の行の最後に移動する

Command+ →

現在の段落の最初に移動する

Option+ ↑

現在の段落の最後に移動する

Option+ ↓

選択された項目をプレゼンテーション内から見つける

Command+E

プレゼンテーション内の選択個所にジャンプする

Command+J

スライドの先頭までスクロールする

HomeまたはFn+↑

スライドの末尾までスクロールする

EndまたはFn+↓

Appウインドウの中央に挿入ポイントを置く

Control+L

次のスライドに移動する

Fn+↓またはPage Down

前のスライドに移動する

Fn+↑またはPage Up

最初のスライドに移動する

Fn+ ←またはHome

最後のスライドに移動する

Fn+ →またはEnd

テキストを選択する

操作

ショートカット

文字を選択する

先頭文字のすぐ左でクリックし、そのまま選択したい範囲をドラッグ

単語を選択する

単語をダブルクリック

段落を選択する

段落をトリプルクリック

すべてのオブジェクトとテキストを選択する

Command+A

すべてのオブジェクトとテキストの選択を解除する

Shift+Command+A

テキストの選択範囲を拡張する

テキストをクリックし、テキストの別の場所でShift+クリック

選択範囲を1文字右に拡張する

Shift+ →

選択範囲を1文字左に拡張する

Shift+ ←

選択範囲を現在の単語の末尾まで拡張してから、次の単語の末尾まで拡張する

Option+Shift+ →

選択範囲を現在の単語の先頭まで拡張する

Option+Shift+ ←

選択範囲を現在の行の末尾まで拡張する

Shift+Command+ →

選択範囲を現在の行の先頭まで拡張する

Shift+Command+ ←

選択範囲を上の行まで拡張する

Shift+ ↑

選択範囲を下の行まで拡張する

Shift+ ↓

選択範囲を現在の段落の先頭まで拡張する

Option+Shift+ ↑

選択範囲を現在の段落の末尾まで拡張する

Option+Shift+ ↓

選択範囲をテキストの先頭まで拡張する

Shift+Command+ ↑/Shift+Home

選択範囲をテキストの末尾まで拡張する

Shift+Command+ ↓/Shift+End

行頭記号とテキストを選択する

行頭記号をクリック

行頭記号とテキスト、および下位の行頭記号とテキストをまとめて移動する

行頭記号をクリックしてドラッグ

テキストをフォーマットする

操作

ショートカット

「フォント」ウインドウを表示する

Command+T

「カラー」ウインドウを表示する

Shift+Command+C

選択したテキストにボールド体を適用する

Command+B

選択したテキストにイタリック体を適用する

Command+I

選択したテキストにアンダーラインを適用する

Command+U

1つ前の文字または選択範囲を削除する

Delete

次の文字または選択範囲を削除する

Fn+Delete/Forward Delete(キーボードによっては付いていない場合もある)

挿入ポイントの前の単語を削除する

Option+Delete

挿入ポイントの後ろの単語を削除する

Option+Forward Delete(キーボードによっては付いていない場合もある)

挿入ポイントと次の段落区切りの間のテキストを削除する

Control+K

フォントサイズを大きくする

Command+プラス記号(+)

フォントサイズを小さくする

Command+マイナス記号(-)

選択した文字の間隔を狭める

Option+Command+左角かっこ([)

選択した文字の間隔を広げる

Option+Command+右角かっこ(])

上付き文字にする

Control+Shift+Command+プラス記号(+)

下付き文字にする

Control+Command+マイナス記号(-)

左に揃える

Command+左波かっこ({)

中央に揃える

Command+垂直バー(|)

右に揃える

Command+右波かっこ(})

左右に揃える(両端揃え)

Option+Command+垂直バー(|)

テキストブロックまたはリスト項目のインデントレベルを下げる

Command+左角かっこ([)

テキストブロックまたはリスト項目のインデントレベルを上げる

Command+右角かっこ(])

リスト項目またはヘッドラインのインデントレベルを下げる

Shift+Tab

リスト項目またはヘッドラインのインデントレベルを上げる

Tab

テキストをリンクに変える

Command+K

選択部分をカットする

Command+X

選択部分をコピーする

Command+C

段落スタイルをコピーする

Option+Command+C

選択部分をペーストする

Command+V

段落スタイルをペーストする

Option+Command+V

ペースト先にスタイルを合わせてペーストする

Option+Shift+Command+V

範囲を追加選択または選択解除する

ShiftまたはCommandキーを押したままドラッグ

改行なしスペースを挿入する

Option+スペースバー

行区切り(ソフトリターン)を挿入する

Shift+Return

段落区切りを挿入する

Return

挿入ポイントの後ろに改行を挿入する

Control+O

特殊文字を入力する

Control+Command+スペースバー

挿入ポイントの両横の文字を入れ替える

Control+T

独自のショートカットを使用して段落、文字、またはリストスタイルを適用する

ショートカットキーを割り当てる

方程式を挿入する

Option+Command+E

テキストを検索する/テキストを削除する/コメントを使用する/スペルをチェックする

操作

ショートカット

検索する

Command+F

次を検索する(「検索」ウインドウ表示中)

Command+G

前を検索する(「検索」ウインドウ表示中)

Shift+Command+G

選択したテキストを「検索と置換」テキストフィールドに入れる

Command+E

テキストを置き換える

Return

ウインドウをスクロールして、選択したテキストまたはオブジェクトを表示する

Command+J

「検索」ウインドウを隠す

Esc

挿入ポイントの単語を検索する

Control+Command+D

選択した単語を完了する単語のリストを表示する

Option+Esc

スペルと文法をチェックする

Command+セミコロン(;)

「スペルと文法」ウインドウを表示する

Shift+Command+コロン(: )

選択したテキスト、オブジェクト、または表セルの新しいコメントを開く

Shift+Command+K

コメントを保存する

Command+Return

次のコメントを表示する

Option+Command+K

前のコメントを表示する

Option+Shift+Command+K

オブジェクトを移動する/グループ化する/重ねる/サイズ変更する

操作

ショートカット

オブジェクトリストを表示する/隠す

Shift+Command+L

すべてのオブジェクトを選択する

1つのオブジェクトを選択して、Command+A

すべてのオブジェクトを選択解除する

1つのオブジェクトを選択して、Shift+Command+A

ドラッグでオブジェクトを選択する

スライド上の何も表示されていない部分からオブジェクトの周囲をドラッグする。Optionキーを押したまま、開始位置から外側にドラッグしてオブジェクトを選択する

スクロールズーム

Magic Mouseまたはトラックパッドを使用している場合。Option+Commandキーを押したままスクロール

オブジェクトを追加選択または選択解除する

Commandキーを押したままドラッグ

スライド上の次のオブジェクトを選択する

Tab

スライド上の前のオブジェクトを選択する

Shift+Tab

追加オブジェクトを選択する、または選択解除する

Commandキーを押したままクリック/Shiftキーを押したままクリック

選択したオブジェクトを移動する

ドラッグ

オブジェクトの位置を1ポイント移動する

矢印キーを押す

オブジェクトの位置を10ポイント移動する

Shiftと矢印キーを押す

選択したオブジェクトの位置を1画像ピクセル移動する

矢印キーを押す

選択したオブジェクトの位置を10画像ピクセル移動する

Shiftと矢印キーを押す

テキストのグラフィックスタイルをコピーする

Option+Command+C

テキストのグラフィックスタイルをペーストする

Option+Command+V

選択したオブジェクトを最背面に送る

Shift+Command+B

選択したオブジェクトを1レイヤー分奥に送る

Option+Shift+Command+B

選択したオブジェクトを最前面に出す

Shift+Command+F

選択したオブジェクトを1レイヤー分前に出す

Option+Shift+Command+F

選択したオブジェクトをグループ化する

Option+Command+G

選択したオブジェクトをグループ解除する

Option+Shift+Command+G

グループ内のオブジェクトを選択する

オブジェクトをダブルクリック

選択したオブジェクトをロックする

Command+L

選択したオブジェクトをロック解除する

Option+Command+L

オブジェクトを複製する

Command+DまたはOptionキーを押したままドラッグ

オブジェクトの移動方向を45度に制限する

Shiftキーを押したままドラッグ

オブジェクトのサイズを変更する

選択ハンドルをドラッグ

サイズ変更中に配置ガイドを無効にする

Commandキーを押したままドラッグ

オブジェクトの中心を基準にサイズ変更する

Option+選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトの縦横比を固定したままサイズ変更する

Shift+選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトの中心を基準に縦横比を固定したままサイズ変更する

Option+Shift+選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトを回転させる

Command+選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトを45度回転させる

回転中にShiftを押す

オブジェクトを(中央を中心としてではなく)反対側のハンドルの回りを回転させる

Option+Command+選択ハンドルをドラッグ

(中央ではなく)反対側のハンドルを軸にオブジェクトを45度回転させる

Option+Shift+Command+選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトの移動中に配置ガイドをオフにする

Commandキーを押したままドラッグ

オブジェクトのマスクを設定する/解除する

Shift+Command+M

マスクコントロールを隠す

Return/Enter/ダブルクリック

マスクコントロールを表示する

マスクされたイメージをダブルクリック

選択項目のショートカットメニューを開く

Control+項目をクリック

テキスト編集を終了してオブジェクトを選択する

Command+Return

オブジェクトをメディアプレースホルダとして定義する

Control+Option+Command+I

テキストをテキストプレースホルダとして定義する

Control+Option+Command+T

編集可能な図形を変更する

操作

ショートカット

カスタム図形を編集可能な状態にする

図形の端をダブルクリック

ペンツールを使ってカスタム図形を描画する

Option+Shift+Command+P

編集可能な図形のポイントを移動する

ポイントを目的の場所にドラッグ

編集可能な図形のポイントを削除する

ポイントをクリックしてからキーボードのDeleteキーを押す

編集可能な図形に鋭いポイントを追加する

Commandキーを押したまま線の中間をドラッグ

編集可能な図形になめらかなポイントを追加する

線の中間をドラッグ

編集可能な図形にベジェポイントを追加する

Optionキーを押したまま線の中間をドラッグ

編集可能な図形の曲線ポイントを角のポイントに変更する

曲線ポイントをダブルクリック

なめらかなポイントの曲線の形状を変更する

なめらかなポイントに隣接する線をドラッグ

ベジェポイントの曲線の形状を変更する

ベジェポイントをクリックし、コントロールをドラッグ

表を操作する

操作

ショートカット

選択したセルの上に行を追加する

Option+ ↑

選択したセルの下に行を追加する

Option+ ↓

選択したセルの右側に列を追加する

Option+ →

選択したセルの左側に列を追加する

Option+ ←

表の一番下に行を挿入する

一番下の行でセルを選択してからOption+Returnを押す

表の右に行を挿入する

右端の列でセルを選択してからTabを押す

行または列全体を選択する

表をクリックし、列の文字または行の番号をクリック

追加の行を選択する

Shift+ ↑/Shift+ ↓

追加の列を選択する

Shift+ →/Shift+ ←

追加のセルを選択する

Shiftキーを押したままクリック

行または列内の本体のセルのみを選択する

列の文字または行の番号をダブルクリック

セルの選択範囲を次の行の先頭に移動する

右端の列でセルを選択してからTabを押す

行または列の順序の入れ替えを停止する

ドラッグ中にEscを押す

表内のすべての内容を選択する

Command+A

選択した表または選択したセルの内容を削除する

Delete

表の移動を制限し、ガイドに固定する

Shift+表をドラッグ

選択したセルの内容を移動先のセルの内容で置き換える

選択したセルを別のセルにドラッグ

選択中のセルの内容を別のセルにコピーする

Option+選択中セルを別のセルにドラッグ

セルスタイルをコピーする

Option+Command+C

セルスタイルをペーストする

Option+Command+V

ペースト先のセルのスタイルをペーストして保存する

Option+Shift+Command+V

セルを選択する

選択した表のセルをクリック(選択されていない表のセルをダブルクリック)

セルを編集する

セルを選択してからReturnを押す

セルの行と列をハイライトする

Optionキーを押しながらセルの上にポインタを置く

選択したセル内でポップアップメニューを開く

スペースバー

セルを追加選択または選択解除する

Command+未選択または選択中のセルをクリック

セルの内容を自動的に配置する

Option+Command+U

セルの編集を終了してセルを選択する

Command+Return

セルの編集を終了して表を選択する

Command+Return(2回)

選択した表の位置を1ポイント移動する

矢印キーを押す

選択した表の位置を10ポイント移動する

Shiftと矢印キーを押す

表内のすべての列の縦横比を固定してサイズを変更する

表を選択し、Shiftキーを押したままサイズ変更ハンドルをドラッグ

次のセルを選択する、または、最後のセルが選択されている場合は新しい行を追加する

Tab

前のセルを選択する

Shift+Tab

下のセルを選択する

Return

上のセルを選択する

Shift+Return

上下左右のセルを選択する

矢印キーを押す(選択したセルから)

選択範囲をセル1つ分ずつ拡張する

Shiftと矢印キーを押す(選択したセルから)

現在の選択項目の親を選択する

Command+Return

テキストまたは数式の編集中にタブを挿入する

Option+Tab

セル内のテキストを編集するときに行区切り(ソフトリターン)を挿入する

Control+Return

セル内のテキストを編集するときに段落区切り(ハードリターン)を挿入する

Return

数式が含まれていない選択したセルに対し、数式エディタを開く

等号(=)

数式または書式設定された数値を含むセルに対し、数式エディタを開く

ダブルクリックまたはOption+Return

数式の結果をペーストする

Shift+Command+V

数式エディタで変更を保存する

ReturnまたはTab

数式エディタで変更を破棄する

Esc(Escape)

グラフのデータを編集する

操作

ショートカット

「グラフ・データ・エディタ」を表示する/隠す

Shift+Command+D

セルの入力を完了し選択範囲を下に移動する

Return

セルの入力を完了し選択範囲を上に移動する

Shift+Return

セルの入力を完了し選択範囲を右に移動する

Tab

セルの入力を完了し選択範囲を左に移動する

Shift+Tab

1文字左または右に移動する

←/→キーを押す

テキストの開始位置または終了位置に移動する

↑/↓キーを押す

グラフの凡例の位置を1ポイント移動する

凡例を選択してから、矢印キーを押す

グラフの凡例の位置を10ポイント移動する

凡例を選択してから、Shiftキーを押したまま矢印キーを押す

数式でセル参照を作成する

操作

ショートカット

単一セルに移動して選択する

Optionと矢印キーを押す

選択したセル参照を拡張または縮小する

Option+Shiftと矢印キーを押す

行または列の最初または最後のヘッダなしセルに移動する

Option+Commandと矢印キーを押す

行区切りを挿入する

Option+Return

タブを挿入する

Option+Tab

選択したセル参照の相対と絶対の属性を指定する

Command+KまたはShift+Command+Kを押してオプションを順方向または逆方向に移動

選択したセル参照の最初のセルと最後のセルの相対と絶対の属性を指定する

Option+Command+KまたはOption+Shift+Command+Kを押してオプションを順方向または逆方向に移動

ナビゲータビューを使う

操作

ショートカット

前回選択したスライドと同じレベルに新規スライドを作成する

ReturnまたはShift+Command+N

選択したスライドを右にインデントする

Tab

インデントされたスライドを左に移動する

Shift+Tab

複数のスライドを選択する

Shiftキーを押したままドラッグ

スライドの選択範囲を広げる/狭める

Shiftキーを押したままクリック

連続していない1つのスライドを追加選択(または選択解除)する

Commandキーを押したままクリック

デフォルトマスターを使って、選択したスライドの後に新規スライドを作成する

Option+ツールバーの「スライドを追加」ボタンをクリック

スライドを複製する

Command+D

選択したスライドを削除する

Delete

次のスライドに移動する

前のスライドに移動する

スライドのグループを展開する

スライドのグループを隠す

スライドをスキップしてプレゼンテーションに表示されないようにする、またはスキップされているスライドを表示する

Shift+Command+H

ライトテーブルビューを使う

操作

ショートカット

次のスライドに移動する

前のスライドに移動する

選択範囲を次のスライドまで拡張する

Shift+ →

選択範囲を前のスライドまで拡張する

Shift+ ←

選択範囲を最初のスライドまで拡張する

Shift+Command+↑

選択範囲を最後のスライドまで拡張する

Shift+Command+↓

最初のスライドを選択する

Command+ ↑

最後のスライドを選択する

Command+ ↓

プレゼンテーションを再生する/発表者モードを使用する

操作

ショートカット

プレゼンテーションを再生する

Option+Command+P

最初のスライドからプレゼンテーションを再生する

Option+ツールバーの「再生」ボタンをクリック

次のスライドまたはビルドに進む

→/↓

前のスライドに移動する

←/↑

アニメーションなしの次のスライドまたはビルドに進む

Shift+ →

ビルドおよびアニメーションなしの次のスライドに進む

Shift+↓またはShift+Page Down

発表者ノートを表示する/隠す

Shift+Command+P

前のビルドに移動する

Shift+←またはShift+Page Up

前に表示したスライドに戻る

Z

プレゼンテーションを一時停止する

F

プレゼンテーションを一時停止して黒い画面を表示する

B

プレゼンテーションを一時停止して白い画面を表示する

W

ポインタを表示する/隠す

C

スライド番号を表示する

S

スライドスイッチャーを開く

スライド番号を押す

スライドスイッチャーで次のスライドに移動する

プラス記号(+)

スライドスイッチャーで前のスライドに移動する

マイナス記号(-)

現在のスライドに移動してスライドスイッチャーを閉じる

Return

スライドスイッチャーを閉じる

Esc

主ディスプレイと発表者ディスプレイを切り替える

X

タイマーをリセットする

R

発表者ノートを上にスクロールする

U

発表者ノートを下にスクロールする

D

ノートのフォントサイズを大きくする

Command+プラス記号(+)

ノートのフォントサイズを小さくする

Command+マイナス記号(-)

プレゼンテーションモードを終了する

EscまたはQ

プレゼンテーションを隠して、直前に使用したAppに切り替える

H

キーボードショートカットを表示する/隠す

疑問符(?)/スラッシュ(/)

最初のスライドに移動する

HomeまたはFn+↑

最後のスライドに移動する

EndまたはFn+↓

プレゼンテーション中にビデオを制御する

操作

ショートカット

ビデオを再生する

スペースバー

ビデオ再生を一時停止する/再開する

K

ビデオを巻き戻す(一時停止している場合はフレーム単位)

J

ビデオを早送りする(一時停止している場合はフレーム単位)

L

ビデオの先頭にジャンプする

I

ビデオの末尾にジャンプする

O

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?