Keynote for iPhone: 以前のバージョンのKeynoteプレゼンテーションに戻す

以前のバージョンのKeynoteプレゼンテーションに戻す

iCloudでは、iCloud Driveに保存されているファイルのバージョンが定期的に保存されます。プレゼンテーションをiCloud Driveに保存していて、まだ必要と思われる内容を削除してしまったために前のバージョンに戻したい場合などは、以前のバージョンを復元することができます。

以前のバージョンを表示する/コピーする、および以前のバージョンに戻す

  1. Keynoteを開いて、プレゼンテーションがすでに開いている場合は左上隅にある「プレゼンテーション」または 「プレゼンテーション」ボタン をタップすると、すべてのプレゼンテーションが表示されます。

  2. プレゼンテーションマネージャをブラウズビューにして、画面の上部にある「選択」をタップしてから、プレゼンテーションをタップします(チェックマークが表示されます)。

  3. 画面の上部にある 「バージョン」ボタン をタップします。

  4. 以前のバージョンをタップして、そのバージョンを選択します。

  5. 「プレビュー」をタップします。

    Keynoteにバージョンが表示されます。プレビューでテキストを検索したり、テキストやオブジェクトをコピーしたりできます。ただし、プレビューでは編集はできません。

  6. 以下のいずれかを実行します:

    • プレビューに表示されたバージョンのコピーを保存する: 「コピーを保存」をタップします。Keynoteでコピーが新しいプレゼンテーションとして開き、編集できるようになります。(オリジナルのバージョンはプレゼンテーションマネージャで使用できます。ここにはコピーされたバージョンも表示されます。)

    • 現在のバージョンをプレビューバージョンに置き換える: 「復元」をタップします。

    • プレビューを閉じ、現在のバージョンに戻ります: 「閉じる」をタップします。

  7. 「終了」をタップします。

目的のプレゼンテーションが表示されていない場合は、そのプレゼンテーションを検索してみるか、画面下部にある「ブラウズ」または「履歴」をタップしてください。詳しくは、プレゼンテーションを検索するを参照してください。

プレゼンテーションにパスワードを追加するか、既存のパスワードを変更した場合、新しいパスワードは、パスワードを追加または変更した以降のバージョンにのみ適用されます。

注記:プレゼンテーションをほかのユーザと共有している場合、編集権限を持つユーザがコピーおよび復元できるのは、プレゼンテーションの共有後に作成されたバージョンのみです。権限が「閲覧のみ」のユーザは、以前のバージョンにアクセスすることができません。このプレゼンテーションの保護されていないバージョンや古いパスワードがかけられたバージョンをほかのユーザが復元できないようにするには、プレゼンテーションの共有を停止し、新しいパスワードを追加してから、プレゼンテーションを再度共有します。

公開日: 2019/07/05
役に立ちましたか?