Keynote for iPhone: Keynoteでオブジェクトスタイルを使用する

Keynoteでオブジェクトスタイルを使用する

オブジェクトの外観をすばやく変更するには、オブジェクトにオブジェクトスタイルを適用します。それぞれのテーマには、テーマと組み合わせると美しい外観になるようデザインされたオブジェクトスタイル(カラー、枠線、シャドウなどの属性のセット)が含まれています。

オブジェクトにスタイルを適用した後は、枠線やカラーなどに独自のオプションを選択することで、オブジェクトの外観をさらに変更できます。

表でオブジェクトスタイルを使用する場合は、表スタイルを使用するを参照してください。グラフでオブジェクトスタイルを使用する場合は、グラフスタイルを使用するを参照してください。

オブジェクトにスタイルを適用する

  1. イメージ、図形、テキストボックス、線、矢印、またはビデオをタップしてから、「フォーマット」ボタン をタップします。

    ヒント:時間を節約するため、複数のオブジェクトを選択して、同じスタイルを一括で適用することができます。

  2. 「スタイル」をタップしてから、スタイルをタップして適用します。

    「フォーマット」メニューの「スタイル」タブ。上部にオブジェクトスタイル、その下に枠線を変更するコントロールが表示された状態。
公開日: 2019/07/05
役に立ちましたか?