Keynote for iPhone: Keynoteプレゼンテーション内の図形およびテキストボックスを塗りつぶす

Keynoteプレゼンテーション内の図形およびテキストボックスを塗りつぶす

図形およびテキストボックスをイメージ、単色、またはグラデーション(2色以上の色が別の色に徐々に溶け込んだ状態)で塗りつぶすことができます。

塗りつぶしが異なる3つの星形の図形。単色の黄色、青のグラデーション、イメージ塗りつぶしの図形があります。

色またはグラデーションで塗りつぶす

  1. 図形またはテキストボックスをタップして選択するか、複数のオブジェクトを選択します。

  2. 「フォーマット」ボタン をタップして、「スタイル」をタップしてから、「塗りつぶし」をタップします。

    「スタイル」パネルの「塗りつぶし」のオプション。
  3. 以下のいずれかを実行します:

    • テーマとマッチするようにデザインされた色またはグラデーション: 「プリセット」をタップし、左右にスワイプしてすべての選択候補を表示してから、色をタップします。

    •  任意の色: 「カラー」をタップし、上下にスワイプしてすべての選択候補を表示してから、色をタップします。

      オブジェクト内で色をプレビューするには、色をタッチして押さえたまま、グリッド上をドラッグします。正確なマッチを再現するのに役立つように、プレビューする色ごとに色ラベルが表示されます。指を離して色を選択します。

    • 2色のグラデーション塗りつぶし: 「グラデーション」をタップし、「開始カラー」または「終了カラー」をタップしてから、色をタップします。

      グラデーションの方向を切り替えるには、「カラーを反転」をタップします。グラデーションの角度を変更するには、「角度」スライダをドラッグします。

    •  スライド上の別の場所の色: 「スポイト」ボタン をタップしてから、選択したオブジェクトの外側で任意の色をタップします。

      スライド上の色をタッチして押さえたまま、スライド上のほかの色の上をドラッグすると、オブジェクトの色がプレビューされます。指を離して色を選択します。

  4. 「終了」ボタン をタップしてコントロールを閉じます。

イメージで塗りつぶす

  1. 図形またはテキストボックスをタップして選択するか、複数のオブジェクトを選択します。

  2. 「フォーマット」ボタン をタップして、「スタイル」をタップしてから、「塗りつぶし」をタップします。

  3. 「イメージ」をタップし、「イメージを変更」をタップしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    • 写真をタップします。

    • 「写真を撮る」をタップします。

    • 「挿入元」をタップしてiCloud Driveからイメージを選択します。

  4. イメージが希望通りに表示されない、またはオブジェクトをイメージで塗りつぶす方法を変更する場合は、オプションを選択します:

    • 元のサイズ: 寸法を変えずに、イメージをそのままオブジェクト内に置きます。イメージのサイズを変更するには、「サイズ調整」スライダをドラッグします。

    • 引き延ばす: オブジェクトの寸法に合わせてイメージのサイズを変更します。イメージの縦横比が変更される場合があります。

    • タイル状に配置: オブジェクト内に繰り返しイメージを配置します。イメージのサイズを変更するには、「サイズ調整」スライダをドラッグします。

    • 幅に合わせる: イメージのサイズを調整して、オブジェクトに空白が生じないようにします。

    • 領域に合わせる: オブジェクトの寸法に合わせてイメージのサイズを変更します。イメージの縦横比は維持されます。

  5. 半透明のイメージを作成するには、「カラーオーバーレイ」をオンにして、「塗りつぶし」をタップして薄い色を選択します。

    色合いの透明度を設定するには、「不透明度」スライダをドラッグします。

  6. 「終了」ボタン をタップしてコントロールを閉じます。

塗りつぶしを削除する

  1. 図形またはテキストボックスをタップして選択するか、複数のオブジェクトを選択します。

  2. 「フォーマット」ボタン をタップして、「スタイル」をタップしてから、「塗りつぶし」をタップします。

  3. 「プリセット」をタップし、左にスワイプして白黒オプションを表示してから、「塗りつぶしなし」をタップします。

  4. 「終了」ボタン をタップしてコントロールを閉じます。

公開日: 2019/07/05
役に立ちましたか?