Keynote for iPad: iTunesを使用してプレゼンテーションを転送する

iTunesを使用してプレゼンテーションを転送する

コンピュータ上のiTunesを使えば、iPad、iPhone、またはiPod touchとコンピュータの間でプレゼンテーションを直接転送できます。この方法は、iCloudを使用していない場合にプレゼンテーションを転送するのに便利です。

この方法でMicrosoft PowerPointプレゼンテーションを転送して、Keynoteで開くこともできます。

コンピュータから転送する

  1. iOSデバイスをコンピュータに接続して、コンピュータでiTunesが自動的に開かない場合は、手動でiTunesを開きます。

    少ししてから、「iTunes」ウインドウの左上隅に「デバイス」ボタンが表示されます。

  2. iTunesで「デバイス」ボタンをクリックして、サイドバーで「ファイル共有」をクリックします。

  3. 左側のリストで「Keynote」Appをクリックして選択してから、「追加」をクリックします。

  4. プレゼンテーションを選択してから、「追加」をクリックします。

    iTunesの「Keynote書類」リストにプレゼンテーションが表示されます。

  5. iOSデバイスでKeynoteを開きます。

  6. ホーム画面で「ファイル」Appをタップし、画面下部の「ブラウズ」をタップしてから、「このiPad内」をタップします。

  7. デバイス上のプレゼンテーションを開くには、Keynoteフォルダをタップしてから、プレゼンテーションのサムネールをタップします。

「Microsoft Office」を使用して保存されたプレゼンテーションを開いてKeynoteで編集できます。暗号化されたPowerPointプレゼンテーションを開けない場合は、使用する暗号化タイプまたは暗号化オプションを変更し、プレゼンテーションをもう一度保存してから、Keynoteで開いてみてください。

コンピュータに転送する

iTunesを使用して、デバイスに保存されているプレゼンテーションをコンピュータに転送できます。

  1. プレゼンテーションがまだデバイスに保存されていない場合は、デバイスにプレゼンテーションを移動します。

  2. iOSデバイスをコンピュータに接続して(または「設定」>「一般」で「iTunes Wi-Fi同期」を使用して)、コンピュータでiTunesを開きます。

    少ししてから、「iTunes」ウインドウの左上隅に「デバイス」ボタンが表示されます。

  3. iTunesで「デバイス」ボタンをクリックして、サイドバーで「ファイル共有」をクリックします。

  4. 左側のリストで「Keynote」Appをクリックして選択してから、転送したいプレゼンテーションを選択します。

  5. 「保存」をクリックし、場所を選択してから、「保存」をクリックします。

Published Date: 2019/07/15
Helpful?