Numbers for iPhone: Numbers スプレッドシートで横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、円グラフ、またはドーナツグラフを追加する/削除する

Numbers スプレッドシートで横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、円グラフ、またはドーナツグラフを追加する/削除する

Numbers では、すべてのグラフが既存の表からのデータを使用して作成されます。任意のタイプのグラフを作成するには、まずグラフをシートに追加してから、使用したいデータの入った表のセルを選択します。または、まずデータを選択してから、データを表示するグラフを作成することもできます。どちらの方法でも、表でデータを変更すると、グラフが自動的にアップデートされます。

Mac 用の Microsoft Excel や「Numbers」から、グラフを含むスプレッドシートを読み込むことができます。読み込まれたスプレッドシートは、元のものと多少異なっている場合があります。たとえば、読み込んだスプレッドシートにトレンドラインやエラーバーを使用したグラフがある場合は、それらを編集したり新しく追加したりすることはできません。

ヒント:各種グラフタイプについては、「グラフの基本」テンプレートで説明しています。スプレッドシートマネージャをブラウズビューにして、「新規作成」ボタン をタップしてから、「基本」テンプレートカテゴリの「グラフの基本」をタップします。テンプレートの上部近くにあるタブ(「縦棒グラフおよび横棒グラフ」や「インタラクティブグラフ」など)をタップすると複数のシートが表示され、それぞれのシートでは各グラフタイプについて説明しています。

縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、円グラフ、またはドーナツグラフを作成する

  1. 「挿入」ボタン をタップしてから、「グラフ」ボタン をタップします。

  2. 「2D」、「3D」、または「Interactive」をタップして、追加できるグラフのタイプを表示してから、左右にスワイプしてグラフのタイプごとにさらに多くのオプションを表示します。

    グラフメニュー。2D グラフが表示された状態。

    注記:積み重ね横棒グラフ、縦棒グラフ、および面グラフには、一緒に積み重ねられた 2 つ以上のデータ系列が表示されます。

  3. グラフをタップしてシートに追加してから、目的の位置にドラッグします。

  4. グラフをタップしてから、使用したいデータが入ったセルを選択します。

    1 つまたは複数の表(異なるシートの表を含む)のセルを選択できます。グラフのデータ参照の編集中は、グラフで使用されているデータが含まれている任意のシートのタブにアイコンが表示されます。

  5. 行または列をデータ系列としてプロットするかどうかを変更するには、ツールバーの データ系列コントロール をタップしてから、オプションをタップします。

  6. 「終了」をタップしてから、もう一度「終了」をタップします。

    3D グラフを追加すると、その中心に 回転コントロール が表示されます。このコントロールをドラッグすると、いつでもグラフの向きを調整できます。

  7. ドーナツグラフの場合、中央の穴のサイズを変更するには、「フォーマット」ボタン をタップしてから、「内半径」スライダをドラッグして、穴の部分を大きくしたり小さくしたりします。

グラフに反映されたデータはいつでも変更可能です。方法については、グラフのデータ参照を変更するを参照してください。

グラフを作成する前にデータを選択する

  1. 使いたいデータのある表セルを選択するか、行または列全体からデータを追加する場合は、該当する表をタップしてから、その行の番号または列の文字をタップします。

    表内のデータが分類済みの場合は、概要行の計算結果をプロットするために列を選択することもできます。

    注記:分類済みの表内にある個々のデータポイントをグラフにするには、選択した最初のセルが概要行に含まれていないことを確認します。選択部分に折りたたまれたグループが含まれている場合は、表示されているグループのデータのみプロットされます。

  2. 画面下部にある 「セルアクション」ボタン をタップし、「新規グラフを作成」をタップします。

  3. 「2D」、「3D」、または「Interactive」をタップします。

    スワイプすると、グラフのタイプごとにさらに多くのスタイルオプションが表示されます。

  4. 追加するグラフをタップして、グラフをシート上の目的の位置にドラッグします。

  5. 行と列のどちらをデータ系列としてプロットするかを変更するには、グラフをタップし、「参照を編集」をタップして(「参照を編集」を表示するために 「ほかの項目を表示」ボタン をタップする必要がある場合があります)、ツールバーの データ系列コントロール をタップしてから、オプションをタップします。

  6. 「終了」をタップしてから、もう一度「終了」をタップします。

    3D グラフを追加すると、その中心に 回転コントロール が表示されます。このコントロールをドラッグすると、いつでもグラフの向きを調整できます。

グラフに反映されたデータはいつでも調整可能です。方法については、グラフのデータ参照を変更するを参照してください。

公開日: 2018/12/26
役に立ちましたか?