MacのためのPages: Pages テンプレートをインストールする/管理する

Pages テンプレートをインストールする/管理する

ほかの書類のモデルとして繰り返し使用する書類を作成する場合は、テンプレートとして保存できます。既存のテンプレートに会社のロゴを追加するだけでも独自のテンプレートを作成できますが、まったく新しいテンプレートをデザインすることもできます。

カスタムテンプレートはテンプレートセレクタに追加して、ほかの人と共有したり、iOS デバイスにインストールして使用したりするために、ファイルに保存することができます。

左側のカテゴリとして「マイテンプレート」があるテンプレートセレクタ。

書類をテンプレートとして保存する

  1. 画面上部の「ファイル」メニューで、「ファイル」>「テンプレートとして保存」と選択します。

  2. オプションをクリックします:

    • テンプレートセレクタに追加:テンプレートの名前を入力して、「選択」をクリックします。テンプレートがテンプレートセレクタの「マイテンプレート」カテゴリに表示されます。

    • 保存:テンプレートの名前を入力して、保存場所を選択します。

      iCloud に保存した場合、次回 iOS デバイスで「Pages」を開いたとき、書類マネージャにダウンロード可能なファイルとしてテンプレートが表示されます。

      テンプレートをほかのユーザまたは自身にメールで送りたい場合は、まずコンピュータに保存します。テンプレートファイルをメールメッセージに添付します。

「Pages」でカスタムテンプレートを作成する方法について詳しくは、カスタムテンプレートを作成するを参照してください。

Mac にテンプレートをインストールする

コンピュータまたはサーバに保存されたカスタムテンプレート、またはメールの添付ファイルとして受信したテンプレートは、「Pages」のテンプレートセレクタに追加することで、インストールできます。

注記:カスタムテンプレートを保存したときに「テンプレートセレクタに追加」を選択した場合は、すでにインストールされているのでテンプレートセレクタの「マイテンプレート」セクションで見つかります。

  • テンプレートファイル(ファイル拡張子「.template」)をダブルクリックして、「テンプレートセレクタに追加」をクリックします。

新規書類をテンプレートセレクタからではなく、常に特定のテンプレートから開くように「Pages」を設定できます。

iOS デバイスにテンプレートをインストールする

  1. Mac で「ファイル」>「テンプレートとして保存」と選択し、「保存」をクリックして、テンプレートファイルの場所を選択します。

  2. Mac で、テンプレートファイル(ファイル名拡張子が .template)を iCloud、iTunes、または WebDAV サーバに移動するか、AirDrop またはメールの添付ファイルを利用して自分に送信します。

    ファイルを転送するこれらの方法について詳しくは、iTunes で書類を転送するまたはWebDAV サーバを使用して書類を転送するを参照してください。

  3. 各ソースから iOS デバイスにテンプレートをインストールするには、以下の操作を行います:

    • AirDrop:画面下部から上にスワイプしてコントロールセンターを開いてから、「AirDrop」をタップします。検出オプションをタップし、AirDrop メッセージが表示されたら「追加」をタップします。

    • メール:「メール」で、添付ファイルをタップしてから、画面をタップします。画面上部にある 「共有」ボタン をタップし、「Pages で開く」をタップしてから、「追加」をタップします。

カスタムテンプレートの名前を変更する/削除する

  1. テンプレートセレクタで、Control キーを押しながらテンプレート名をクリックして、「名称変更」または「削除」を選択します。

  2. 名前を変更する場合は、新しい名前を入力して Return キーを押します。

カスタムテンプレートは常にテンプレートセレクタの「マイテンプレート」に表示されます。テンプレートを並べ替えることはできません。また、「Pages」に付属するテンプレートは削除できません。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?