MacのためのPages: Pages 書類内のオブジェクトのサイズを変更する/回転する/反転する

Pages 書類内のオブジェクトのサイズを変更する/回転する/反転する

サイズを自由に変更して縦横比を変えることも、縦横比を変えずに図形の形を維持したまま大きくしたり小さくしたりすることもできます。また、寸法を指定してサイズ変更することもできます。表、グラフ、およびイメージギャラリーを除くすべてのオブジェクトは回転または反転できます。

オブジェクトのサイズを変更する

  1. オブジェクトまたはオブジェクトグループを選択します。

    オブジェクトの周辺に白い正方形が表示されない場合は、オブジェクトがロックされています。サイズを変更するには、ロック解除する必要があります。

  2. オブジェクトのサイズを自由に変更するか均等に変更するかを選択するには、「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    • 自由にサイズを変更する:「サイズ」の下の「縦横比を固定」チェックボックスの選択が解除されていることを確認します。

    • 縦横比を変えずにサイズを変更する:「サイズ」の下の「縦横比を固定」チェックボックスが選択されていることを確認します。

    注記:グループに特定のオブジェクトが含まれる場合は、縦横比を変えずにサイズを変更することしかできません。このようなオブジェクトには、回転させたイメージやムービー、選択したときに緑のドットが表示される図形などが含まれます。

  3. 以下のいずれかを実行します:

    • 手動でサイズを変更する:選択ハンドルをドラッグします。

      オブジェクトのサイズを変更するための白い正方形が枠線に表示されているオブジェクト。
    • 寸法を指定してサイズを変更する:右側のサイドバーの上部にある「配置」タブで、「幅」フィールドと「高さ」フィールドに値を入力するか、フィールドの横の矢印をクリックします。

イメージ、図形、テキストボックス、線、矢印、またはビデオを回転させる

  1. オブジェクトを選択してから、「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックします。

  2. 「回転」ホイールをドラッグするか、隣のフィールドに角度の値を入力して、オブジェクトを回転する角度を指定します。

    ヒント:オブジェクトの白い正方形の上にポイントを置いた状態で Command キーを押し、ドラッグして回転させることもできます。

イメージ、図形、テキストボックス、線、矢印、またはビデオを反転させる

  1. オブジェクトを選択してから、「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックします。

  2. 「反転」ボタン(「回転」ホイールの近くにあります)をクリックして、オブジェクトを上下または左右に反転します。

ヒント:「水平方向に反転」および「垂直方向に反転」のボタンをツールバーに追加できます。

テキストのある図形を回転または反転すると、テキストも図形と一緒に移動します。テキストのみを横方向に戻すには、「フォーマット」>「テキストとオブジェクトのハンドルをリセット」と選択します。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?