MacのためのPages: Pages 書類でオブジェクトをテキストと共に配置する

Pages 書類でオブジェクトをテキストと共に配置する

ページレイアウト書類では、オブジェクトは常にページに固定されます。文書作成書類では、オブジェクトを次のどちらに固定するかを指定する必要があります:

  • ページ上の特定の場所:テキストまたはその他のオブジェクトをページに追加したときに、オブジェクトは移動しません。

  • 特定のテキスト:関連付けられたテキストと共にオブジェクトが移動し、オブジェクトが固定されているテキストにマーカー アンカーポイント記号 が表示されます。

両方のタイプの書類で、オブジェクトの周りのテキストの回り込み方法も指定できます。

「フォーマット」サイドバーの「配置」パネル。オブジェクトの配置やテキスト折り返しのコントロールが表示された状態。

オブジェクトをページまたはテキストに固定する

  1. オブジェクトを選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックします。

  3. 「オブジェクトの配置」セクションのボタンをクリックします:

    • 移動しない:オブジェクトはページ上の位置に固定されますが、テキストはその周囲をフローします。

    • テキストと移動:オブジェクトは、固定先のテキストとの相対位置が維持されます。

      「テキストと移動」が淡色表示になっている場合、書類はページレイアウト書類であり、オブジェクトをテキストに固定することはできません。

      書類が不可視文字を表示するように設定されているか、オブジェクトを選択した場合は、オブジェクトが固定されているテキストにマーカー アンカーポイント記号 が表示されます。マーカーを別の場所にドラッグすることはできません。

オブジェクトの周りにテキストを回り込ませる

  1. オブジェクトを選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「配置」タブをクリックします。

  3. 「テキスト折り返し」ポップアップメニューをクリックし、オプションを選択します:

    • 自動:オブジェクトは、ページおよび周囲のテキストと相対的なオブジェクトの配置に最適と思われるテキスト回り込みオプションを使います。

    • 周辺:テキストは、オブジェクトの左右すべてにフローします。

    • 上下:テキストはオブジェクトの上下にフローしますが、左右にはフローしません。

    • インライン:オブジェクトは、テキストのベースラインに揃い、テキストと一緒に移動します。 このオプションが表示されない場合は、「テキストと共に移動」が選択されていることを確認してください。

    • なし:オブジェクトは、テキストのフローには影響しません。

  4. 矩形でないオブジェクトのときに、テキストがオブジェクトの輪郭をたどるようにしたい場合は、右の「テキストの回り込み」ボタンをクリックします。

  5. テキストとオブジェクトの間隔を変更するには、「間隔」フィールドの値を調整します。

  6. オブジェクトにアルファチャンネル(透明度)が含まれる場合は、「アルファ」フィールドの値を調整することによって、テキストが透明領域から透けて見えるようにすることができます。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?