MacのためのPages: Pages 書類に行区切り、ページ区切り、および段組み区切りを追加する

Pages 書類に行区切り、ページ区切り、および段組み区切りを追加する

テキストを強制的に区切るために、行区切り、ページ区切り、および段組み区切りを挿入できます。

文書作成書類では、ページ区切りを追加すると自動的に書類に新しいページが追加されます。

ページの最下部または最上部にテキストが 1 行だけ残されること(ウィドウオーファンとして知られています)を防ぐこともできます。

テキストを次の行またはページに送る

行区切り(ソフトリターンともいいます)を挿入すると、新しい段落を開始せずに改行します。ページ区切りを挿入すると、テキストの次の行が次のページの先頭に移動します。

  1. 区切りを置く位置をクリックします。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • 行区切りを挿入する: ツールバー「挿入」ボタン をクリックしてから、「行区切り」を選択します。「挿入」>「行区切り」と選択することもできます。

    • ページ区切りを挿入する: ツールバーの 「挿入」ボタン をクリックしてから、「ページ区切り」を選択します。「挿入」>「ページ区切り」と選択することもできます。

行区切りまたはページ区切りを挿入すると、不可視文字と呼ばれるフォーマット文字が挿入されます。書類内の不可視文字をオンにすることで、どこに特殊なフォーマットが適用されているかを確認できます。

ページの最上部または最下部にテキストが 1 行だけ残されることを防ぐ

段落の最初の行だけがページの最下部に表示されたり(オーファン行といいます)、段落の最後の行だけがページの最上部に表示されたり(ウィドウ行といいます)することを防ぐことができます。

  1. テキストが 1 行だけ残されることを防ぎたい段落内をクリックします。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの上部付近にある「詳細」ボタンをクリックします。

  3. 「最初の行/最後の行だけを残さない」の横にあるチェックボックスを選択します。

テキストを次の段の先頭へ送る

  1. 前の段を終了する位置をクリックします。

  2. ツールバー「挿入」ボタン をクリックしてから、「段組み区切り」を選択します。

段組み区切りを挿入すると、不可視文字と呼ばれるフォーマット文字が挿入されます。書類内の不可視文字をオンにすることで、どこに特殊なフォーマットが適用されているかを確認できます。

ページをまたぐ段落の区切りかたを設定する

「Pages」では、書類内のページをまたぐ段落の区切りかたを自動的に調整できます。たとえば、見出しとその次の段落が常に同じページに表示されるようにすることができます。

  1. 設定を適用したい段落を選択します。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの上部付近にある「詳細」ボタンをクリックします。

  3. 「改ページと区切り」セクションでチェックボックスを選択します:

    • 段落のすべての行を同じページに入れる:段落のすべての行が同じページに表示されます。

    • 次の段落も同じページに入れる:段落が次の段落と同じページに表示されます。

    • 新しいページで段落を開始:段落を次のページの先頭へ移動します。

    • 最初の行/最後の行だけを残さない:その段落の最初の行または最後の行だけがページに表示されることを防ぎます。

フォーマット区切りを削除する

  • フォーマット記号の右側をクリックしてから、キーボードの Delete キーを押します。

書類内の不可視文字をオンにすることで、どこに特殊なフォーマットが適用されているかを確認できます。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?