MacのためのPages: Pages 書類上で削除ができない場合

Pages 書類上で削除ができない場合

単語の間の青いドット

単語の間の青いドットと、その他の青い記号は、書式記号です(プリントには表示されません)。

  • ツールバーの「表示」メニューではなく、画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「不可視文字を隠す」と選択します。

不可視文字について詳しくは、フォーマット記号とレイアウトを表示するを参照してください。

書類とヘッダおよびフッタボックスを囲む灰色の枠線

これらは本文テキストの境界とヘッダおよびフッタの位置を示すレイアウト記号です。

  • ツールバーの「表示」ボタンではなく、画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「レイアウトを隠す」と選択します。

レイアウト表示について詳しくは、フォーマット記号とレイアウトを表示するを参照してください。

テキスト上のハイライト

コメントが含まれるテキストにはハイライトが追加されます。

  • ハイライトされたテキストをクリックしてから、コメントの「削除」をクリックします。

ハイライトがテキストに残っている場合は、テキストにハイライト効果を追加するを参照してハイライト効果を削除する方法を調べてください。

ページ(表ではなく)のヘッダまたはフッタ

以下のいずれかを実行します:

  • 書類からすべてのヘッダとフッタを削除する:ツールバー「書類」ボタン をクリックし、「書類」タブをクリックしてから、「ヘッダ」または「フッタ」チェックボックスの選択を解除します。

  • 書類の特定のセクションからヘッダとフッタを削除する:ツールバーの 「書類」ボタン をクリックし、「セクション」タブをクリックしてから、「ヘッダ」または「フッタ」チェックボックスの選択を解除します。

詳しくは、ヘッダとフッタを追加するを参照してください。

図形、線、またはイメージ

  • オブジェクトをクリックしてから、キーボードの Delete キーを押してください。それでも削除できない場合は、以下を試してみてください:

    • オブジェクトをクリックしたときにその隅または端に小さい「x」が表示された場合は、オブジェクトがロックされています。画面上部の「配置」メニューから「配置」>「ロック解除」と選択するか、キーボードの Delete キーを押してください。

    • オブジェクトをまったく選択できない場合は、オブジェクトがページの背景に置かれているマスターオブジェクトである場合があります。これらを選択できるようにするには、画面上部の「配置」メニューで、「配置」>「セクションマスター」>「マスターオブジェクトを選択可能に設定」と選択します。オブジェクトをクリックしてから、キーボードの Delete キーを押してください。

      注記:マスターオブジェクトは、削除するとセクション内のすべてのページから削除されます。残りのマスターオブジェクトを選択できないように戻したい場合は、「配置」>「セクションマスター」>「マスターオブジェクトを選択可能に設定」と選択します(メニュー項目からチェックマークが外れます)。

ページの背景色

デザイン済みテンプレートの背景色は、その書類またはセクションのすべてのページに表示されるマスターオブジェクトです。

  • 上の手順(図形、線、またはイメージの削除手順)に従って、マスターオブジェクトを選択可能にしてから、ロックを解除します。

    オブジェクトのロックを解除したら、色(実際にはカラー塗りつぶしが適用された図形)を削除するか、新しいカラー塗りつぶしを選択することができます。

別のユーザから受け取った書類には、「フォーマット」サイドバーのコントロールを使って背景色が適用されている場合があります。この方法で適用された背景色を変更または削除する方法については、ページの背景を変更するを参照してください。

空のページ

書類が空のページで始まる場合、書類の先頭に挿入ポイントを置いてからページ区切りを追加している可能性があります。

  • ページ区切りを削除するには、書類の先頭(最初のテキストまたはグラフィックの前)をクリックしてから、キーボードの Delete キーを押します。

ページを追加または削除する際に正しくない方法を使用している可能性があります。文書作成書類とページレイアウト書類のどちらで作業しているかによって異なります。ページを追加/削除する処理は、書類の種類によって異なります。両方の種類の書類でのページの削除方法については、ページを削除するを参照してください。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?