MacのためのPages: Pages 書類で文字の間隔を調整する

Pages 書類で文字の間隔を調整する

テキスト内の文字間隔を広げたり狭めたりできます。これは、書類内の行の長さを変えてみたり、タイトルを 1 行に収めたりする場合に行うことをお勧めします。

文字間隔は、リガチャ(1 つの活字を作るために 2 つの文字を装飾的に結合した文字)の使用によっても影響を受けます。使用しているフォントが対応している場合は、書類内でリガチャを使用できます。

リガチャを使用したテキストと使用していないテキストの例。

文字間の間隔を広げる/狭める

  1. 変更したいテキストを選択するか、テキストボックスを選択します(テキストボックス内のすべてのテキストが変更されます)。

    • 特定のテキストの場合:文字間隔はそのテキストのみに適用されます。

    • テキストボックスの場合:文字間隔は、変更の適用後にボックス内に入力されるすべてのテキストに適用されます。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの上部付近にある「スタイル」ボタンをクリックします。

    テキストがテキストボックス、表、または図形内にある場合は、最初にサイドバーの上部にある「テキスト」タブをクリックしてから、「スタイル」ボタンをクリックします。

  3. 「フォント」セクションで、「詳細オプション」チェックボックス をクリックしてから、矢印を使って「文字間隔」値を変更します。

    デフォルトの間隔はゼロです。この値を大きくすると間隔が広くなり、小さくすると狭くなります。

    「ボールド」、「イタリック」、および「アンダーライン」ボタンの隣にある「詳細オプション」チェックボックス。

書類内のほかのテキストに同じ設定を使用したい場合は、選択部分から新しい段落スタイルを定義してから、このスタイルを書類内のほかのテキストで使用できます。

書類でリガチャをオンまたはオフにする

  1. 「書類」  サイドバーの「書類」タブをクリックします。

  2. 「リガチャ」チェックボックスを選択または選択解除します。

リガチャに関する書類全体の設定にかかわらず、特定のテキストにリガチャをオンまたはオフにすることができます。詳しくは、次のタスクを参照してください。

選択したテキストでリガチャをオンまたはオフにする

  1. 変更したいテキストを選択するか、テキストボックスを選択します(テキストボックス内のすべてのテキストが変更されます)。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの上部付近にある「スタイル」ボタンをクリックします。

    テキストがテキストボックス、表、または図形内にある場合は、最初にサイドバーの上部にある「テキスト」タブをクリックしてから、「スタイル」ボタンをクリックします。

  3. 「フォント」セクションで 「詳細オプション」チェックボックス をクリックしてから、「リガチャ」ポップアップメニューをクリックし、オプションを選択します。

    「ボールド」、「イタリック」、および「アンダーライン」ボタンの隣にある「詳細オプション」チェックボックス。
    • デフォルトを使用: 使用中のフォントの「タイポグラフィ」ウインドウで指定されているリガチャ設定を使用します。

      「タイポグラフィ」ウインドウを開くには、画面上部の「フォーマット」ウインドウで、「フォーマット」>「フォント」>「フォントパネルを表示」と選択します。

    • 使用しない: フォントにリガチャなしで標準の間隔を使用します。

    • すべてを使用: 使用可能なすべてのリガチャをフォントに使用します。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?