MacのためのPages: Pages 書類のコピーを別のフォーマットで保存する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Pages 書類のコピーを別のフォーマットで保存する

Pages 書類のコピーを別のフォーマットで保存するには、新しいフォーマットで書き出します。この方法は、別のソフトウェアを使用している人に書類を送信する必要がある場合に便利です。書き出された書類に加える変更は、オリジナルには影響しません。

注記:元のファイルにパスワードが設定されている場合は、PDF、Microsoft Word、および Pages ’09 フォーマットで書き出されるコピーにパスワードが適用されますが、そのパスワードを変更または削除できます。

  1. いずれかのフォーマットを選択し、書き出し設定を指定します:

    • PDF:この形式のファイルは、「プレビュー」や「Adobe Acrobat」などのアプリケーションで開いたり、場合によっては編集したりできます。「イメージの品質」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します。(イメージ品質を高くすればするほど、書き出されるコピーのファイルサイズは大きくなります)。

    • Word:古いバージョンの Word(1997 〜 2004)と互換性を保つ必要がある場合は、「詳細オプション」をクリックして、ポップアップメニューから「.doc」を選択します。

    • 標準テキスト(TXT):本文は書式なしテキストとして書き出されます。テキストボックス、図形、イメージ、線、表、およびグラフは書き出されません。ページレイアウト書類を TXT フォーマットとして書き出すことはできません。

      ヒント:書類が文書作成書類またはページレイアウト書類のどちらであるかを確認するには、ツールバーの 「書類」ボタン をクリックしてから、「書類」をクリックします。「書類本文」チェックボックスが選択されている場合は、文書作成書類です。このチェックボックスの選択が解除されている場合は、ページレイアウト書類です。

    • リッチテキストフォーマット(RTF):本文および表が、フォーマットされた(RTF)テキストおよび表として書き出されます。書き出すことのできるテキストボックス、図形、線、およびグラフが書類内にある場合は、それらはイメージとして書き出され、書類は RTFD ファイルフォーマットとして書き出されます。アプリケーションによっては RTFD ファイルを開けない場合があります。ページレイアウト書類を RTF または RTFD フォーマットとして書き出すことはできません。

    • EPUB:書類を電子書籍リーダー(「ブック」など)で読めるようにするには、このフォーマットを使用します。タイトルと作成者名を入力してから表紙オプションを選択します。

      文書作成書類の場合のみ、レイアウトの種類を選択します。固定レイアウトでは書類のレイアウトが保持されます。複数の段や多くのイメージがある書類に適しています。リフロー型レイアウトは画面のサイズと向きに合わせて調整され、ユーザがフォントサイズを変更できます。多くのテキストがある書類に適しています。

      オプションの機能を設定するには、「詳細オプション」の横にある開閉用三角ボタンをクリックしてから、カテゴリを選択し、書類の言語を指定し、フォントを埋め込むかどうかを選択します。

    • Pages ’09:このフォーマットは、Mac の Pages 4.0 〜 4.3 で開くことができます。

  2. パスワードのチェックボックスがある場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • パスワードを設定する:「開くときにパスワードを要求」チェックボックスを選択し、パスワードを入力します。これは、書き出されたコピーにのみ適用されます。

    • 元の書類のパスワードを保持する:「開くときにパスワードを要求」チェックボックスが選択されていることを確認します。

    • 書き出されるコピーに別のパスワードを使用する:「開くときにパスワードを要求」チェックボックスを選択し、「パスワードを変更」をクリックしてから、新しいパスワードを設定します。

    • パスワードを設定せずにコピーを書き出す:「開くときにパスワードを要求」チェックボックスの選択を解除します。

  3. 「次へ」をクリックし、書類の名前を入力します(.pdf 、.epub などのファイル名拡張子なし。自動的に名前に付加されます)。

  4. 1 つまたは複数のタグを入力します(オプション)。

  5. 書き出されるコピーの保存先を選択するには、「場所」ポップアップメニューをクリックし、場所を選択してから、「書き出す」をクリックします。

    ほかの場所を表示するには、「場所」ポップアップメニューの横の矢印ボタンをクリックします(macOS High Sierra 10.13 の場合は「名前」の横の矢印ボタンをクリックします)。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?