MacのためのPages: ページ表示を変更する

ページ表示を変更する

ページ表示を変更して、書類の作業中に表示される情報量を調整できます。

書類を拡大/縮小する

書類表示を全体的に拡大(ズームイン)または縮小(ズームアウト)できます。たとえば、キャプションの配置を微調整するために拡大したり、書類のレイアウトを操作するために縮小したりできます。

「拡大/縮小」ポップアップメニュー。上部に 1 ページまたは 2 ページを表示するオプション、その下に 25% 〜 400% の範囲のパーセント表示、下部に「ページ幅」と「ページ全体」があります。
  • ツールバーで「拡大/縮小」ポップアップメニューをクリックし、オプションを選択します:

    • 割合:特定の割合に書類を拡大または縮小します。

    • 「ページ幅」と「ページ全体」:「1 ページ」が選択されている場合、「ページ幅」では、ページが書類ウインドウの横幅いっぱいになるように拡大/縮小されます。「ページ全体」では、書類ウインドウ内でページ全体が表示されます。

    • 「ページ幅」と「2 ページ表示」:「2 ページ」が選択されている場合、「ページ幅」では、1 ページが書類ウインドウの横幅いっぱいになるように拡大/縮小されます(見開きの両方のページを見るには横方向にスクロールします)。「2 ページ表示」が選択されている場合は、見開きの両方のページが書類ウインドウの横幅いっぱいになるように調整されます。

デフォルトの拡大/縮小レベルを設定する

Pages 書類はデフォルトでは 125 %で開きますが、この設定は変更できます。

  1. 画面上部の「Pages」メニューで、「Pages」>「環境設定」と選択します。

  2. 「環境設定」ウインドウの上部の「一般」をクリックしてから、「デフォルトの拡大/縮小率」ポップアップメニューをクリックし、割合を選択します。

Pages をフルスクリーン表示する

Pages ウインドウを拡大してコンピュータ画面全体に表示されるようにすることができます。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 「Pages」ウインドウの左上隅にある緑色のボタンをクリックします。

    • 画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「フルスクリーンにする」と選択します。

  2. 「Pages」のメニューバーやその他のコントロールを表示するには、ポインタを画面上部に移動します。

  3. 通常表示に戻すには、以下のいずれかの操作を行います:

    • ポインタを画面上部に移動してから、緑色のボタンをクリックします。

    • 「表示」>「フルスクリーンを解除」と選択します。

    • キーボードの Esc キーを押します。

ヒント:フルスクリーンで複数の書類を開くと、各書類は個別のウインドウではなくタブに表示されます。タブバー内のタブをクリックすれば書類間を移動できます。すべての文書を別々のウインドウで開くには、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択してから、「Dock」をクリックします。「書類を開くときはタブで開く」ポップアップメニューをクリックし、「手動」を選択します。

ページを横に並べて表示する

作業中に 2 ページを横に並べて表示できます。これは、書類で見開きページを使用している(左右のページが指定されている)場合に特に便利です。

  1. ツールバーで「拡大/縮小」ポップアップメニューをクリックし、「2 ページ」を選択します。

  2. ページ表示を調整するには、以下の操作を行います:

    • ページを書類ウインドウに合わせる:「拡大/縮小」ポップアップメニューをクリックし、「2 ページ表示」を選択します。

    • ページサイズを調整する:「拡大/縮小」ポップアップメニューをクリックして比率を選択するか、「ページ幅」(1 ページが書類ウインドウの横幅いっぱいになるように拡大/縮小されます)を選択します。

      拡大/縮小するパーセントによっては、両方のページを見るために書類を横方向にスクロールする必要がある場合があります。

1 ページ表示に戻すには、「拡大/縮小」ポップアップメニューをクリックし、「1 ページ」を選択します。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?