Pages for iPad: PagesでiCloud Driveを使う

PagesでiCloud Driveを使う

iCloud Driveでは、書類を保存して、同じApple IDでiCloudにサインインしているコンピュータおよびiOSデバイス上でそれらを最新の状態に保つことができます。直前の編集をどこで行ったかに関係なく、書類の最新バージョンをいつでも表示できます。

書類の同期をシームレスに行うには、iCloud Drive、iOS 8以降を搭載したデバイス、およびOS X 10.10以降を搭載したMacコンピュータを使用してください。iOSデバイスでは、iCloud Driveに保存されている項目は、書類マネージャに表示されます。

Pages for iCloudを使用すると、MacまたはWindowsコンピュータでサポートされているWebブラウザを使用して、Pages書類を作成および編集することもできます。

iOSデバイスのiCloud Driveを設定する

  1. ホーム画面で「設定」をタップしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    • すでにサインインしている場合: 「設定」の上部にある自分の名前をタップします。

    • Apple IDでサインインしていない場合: 「iPadにサインイン」をタップし、Apple IDを入力するか新しいApple IDを作成してから、サインインします。認証手順が表示された場合は、それに従います。

      重要: Apple IDまたはそのパスワードを忘れた場合は、Apple IDのWebサイトで復旧することができます。複数のApple IDを持つことはできますが、推奨されていません。あるApple IDを使ってiTunes StoreおよびApp Storeで購入したものを別のApple IDを使って購入したものと一緒にすることはできません。

  2. 「iCloud」をタップしてから、下にスクロールしてiCloud Driveをオンにします。

  3. 下にスクロールして、Pagesをオンにします。

    この設定により、Pagesで書類をiCloud Driveに保存できるようになります。

このデバイスのPagesでiCloudがオフになっている場合、行った編集内容や新規作成した書類はiCloudに保存されません。ほかのデバイスまたはコンピュータで新規作成または変更した書類は、このデバイスのPagesでは使用できません。

詳しくは、Appleサポート記事「iCloud Driveを設定する」を参照してください。

複数のコンピュータおよびデバイス間で書類を管理するときのヒント

以下に、iCloudを使用して複数デバイス間で書類を管理するときに留意するべきいくつかの点を示します:

  • インターネットに接続していない状態で書類を編集してから閉じようとすると、書類サムネールにクラウドアイコンが表示されます。次回インターネットに接続するとき、編集済みの書類がiCloudに保存されます。

  • 複数のコンピュータまたはデバイスで書類を編集し、編集内容を同期する時間がない場合、不一致が発生します。バージョンの不一致が発生した場合、いずれかのバージョンまたはすべてのバージョンを保持することができます。(これは、ほかのユーザと共有していない書類にのみ当てはまります。)

  • 書類を削除する場合、すべてのデバイスのPagesからこの書類を削除するか、現在使用しているデバイスからのみ削除するかを選択できます。使用しているデバイスのみで書類を削除すると、書類マネージャでこの書類が隅にiCloudバッジがある状態で表示されます。この書類を再びダウンロードするには、サムネールをタップします。ほかのユーザから共有された書類を削除すると、その書類は、自分のiCloud DriveとすべてのデバイスのPagesから削除されます。共有されたリンクを再度タップすれば、書類がiCloud Driveに戻り、iCloudがオンになっているすべてのコンピュータやデバイスで利用できるようになります。

  • 1つのデバイスでフォルダを使用して書類を整理すると、すべてのデバイスに同じフォルダ構成が反映されます。

  • あるデバイスで書類にパスワードを追加した場合、その書類を開くためにすべてのデバイスでパスワードが必要になります。

公開日: 2019/08/02
役に立ちましたか?