Pages for iPad: 「Pages」で双方向テキスト用に表をフォーマットする

「Pages」で双方向テキスト用に表をフォーマットする

「Pages」では双方向テキストがサポートされるため、同じ書類内で左から右(英語や中国語など)および右から左(アラビア語やヘブライ語など)に記述されるテキストを入力および編集できます。異なる言語に対応するために表の方向を逆転することもできます。

注記:セルのテキストまたは表全体の方向を変更するには、テキスト方向が異なる入力ソース用にデバイスが設定されている必要があります。たとえば、一方のキーボードは右から左に入力する言語(ヘブライ語など)用、別のキーボードは左から右に入力する言語(英語など)用に設定します。右から左に入力する言語用のキーボードを追加するときに「Pages」が開いている場合は、「Pages」を再起動してから、双方向のコントロールを表示する必要があります。異なる言語のフォーマットを使用する書類を作成するを参照してください。

表セル内にあるテキストのデフォルトの方向は、現在のキーボードを基盤とします。(キーボードは「設定」>「一般」>「キーボード」で変更できます。)

表またはテキストの方向を変更する

個別のセルでテキストの方向を変更することも、表の方向を逆転してヘッダ行、列順、およびテキスト方向を逆転することもできます。

以下のいずれかを実行します:

  • セルのテキストの方向を逆転する:セルのテキストを選択して、段落の方向の切り替えボタン をタップします。

  • 表の方向を逆転する:表を選択してから、表の方向の切り替えボタン をタップします。

方向を変更すると、セルの配置は以下のように影響を受けます:

  • 文字揃えが自動的に設定されていた(デフォルト設定)テキストセルは、テキストの配置が変更されます。

  • 文字揃えが自動的に設定されていた(デフォルト設定)数値セルは、数値の配置は変更されません。(数値は常に右揃えで自動的に設定されます。)

  • セルの配置が右、左、または中央に設定されている場合は、その配置が保持されます。

  • セルの配置が両端揃えの場合は、長さが 1 行分に満たない行のギャップが右側から左側に変更されます。

公開日: 2019/06/03
役に立ちましたか?