Pages for iPad: Pages書類で中国語、日本語、または韓国語テキストのフォーマットを設定する

Pages書類で中国語、日本語、または韓国語テキストのフォーマットを設定する

デバイスで使用可能な各国のキーボードを使用すると、テキストをさまざまな言語で入力できます。これには、中国語、日本語、および韓国語用のいくつかの異なる筆記体系も含まれます。お使いのモバイルデバイスで中国語、日本語、韓国語のいずれかのキーボードを設定すると、Pagesで、強調スタイル、リストスタイル、振り仮名などの言語固有のテキストフォーマット機能が使用可能になります。

最適な結果を得るため、以下の推奨されるフォントを使用してください:

  • 簡体字中国語: PingFang SC

  • 繁体字中国語(台湾): PingFang TC

  • 繁体字中国語(香港およびマカオ): PingFang HK

  • 韓国語: Apple SD Gothic Neo

  • 日本語: Hiragino Sans(サンセリフ)またはヒラギノ明朝(セリフ)

重要: 以下の手順では、お使いのデバイスで1つ以上の中国語、日本語、または韓国語キーボードが設定されているものとします。各国のキーボードを設定するには、デバイスで「設定」を開き、「一般」>「キーボード」>「キーボード」とタップしてから、新しいキーボードを追加します。

中国語、日本語、または韓国語の強調記号を追加する

中国語、日本語、または韓国語のテキストでよく使用される強調記号を追加できます。たとえば、中国語キーボードを使用している場合、テキストの上や下に傍点を適用したり、波線を下に追加したりできます。日本語のテキストには、黒丸やゴマ点を追加できます。

  1. キーボードを中国語、日本語、または韓国語キーボードに切り替えます。

  2. フォーマットしたい文字を選択してから 「フォーマット」ボタン をタップします。

    テキストコントロールが表示されない場合は、「テキスト」をタップします。

  3. 強調記号ボタンをタップします。

    フォーマットオプションは、その時点で使用しているキーボードによって異なります。

中国語、日本語、または韓国語のリストスタイルを使用する

どの言語で記述されたリストにも、中国語、日本語、または韓国語のリストスタイル(特に箇条書きや番号の付け方)を適用できます。

  1. 変更したい番号または文字の付いたリスト項目を選択します。

  2. 「フォーマット」ボタン をタップしてから、「テキスト」をタップします。

  3. 「箇条書きとリスト」をタップしてから、リストスタイルをタップします。

    フォーマットオプションは、設定されているキーボードによって異なります。

中国本土政府規格のフォントサイズを使用する

書類内のテキストを政府規格のサイズにする必要がある場合は、フォント・サイズ・メニューにそれらのサイズをポイント単位のサイズとともに表示できます。

  1. 「設定」で、「一般」>「言語と地域」>「地域」>「中国本土」とタップしてから、「完了」をタップします。

  2. この設定を変更したときに書類が開いていた場合は、その書類を閉じてから再度開きます。

  3. キーボードの上の 「フォントサイズ」ボタン をタップしてから、フォントサイズをタップします。

    iPadキーボードの右側にある「フォントサイズ」ボタン。「フォントサイズ」メニューが開いています。メニュー上部に中国本土政府規格のフォントサイズが表示され、下部にポイント単位のサイズが表示されています。
公開日: 2019/08/02
役に立ちましたか?