Pages for iPad: Pages 書類内の、Web サイトおよびメールアドレスへのリンク

Pages 書類内の、Web サイトおよびメールアドレスへのリンク

テキストリンクを作成できます。読者はテキストリンクをタップまたはクリックすると、Web ページを開いたり、アドレスが指定されたメールメッセージを開いたりすることができます。これらのリンクを編集したり、無効にして通常のテキストとして表示/動作させたりすることができます。

Web やメールアドレスをアクティブリンクとして自動フォーマットしたくない場合は、リンクの自動フォーマットをオフにできます。

Web ページへのリンクを付ける

  1. リンクにしたいテキストを選択します。

  2. キーボードの上のショートカットバー「挿入」ボタン をタップしてから、「リンク」をタップします。

  3. 画面下部の「リンク設定」で、「リンク先」をタップしてから「Web ページ」をタップします。

  4. 「リンク」フィールドに Web ページの URL を省略せずにすべて入力します。

    この URL は認識可能な Web アドレス(www または http で始まるなど)である必要があります。

  5. リンクのカスタムのテキストを追加して URL が書類に表示されないようにするには、「表示」フィールドにテキストを入力します。

  6. リンクを確認するには、「戻る」をタップしてから「開く」をタップします。終了したら、書類をタップして設定を閉じます。

メールを開くリンクを追加する

  1. リンクにしたいテキストを選択します。

  2. キーボードの上のショートカットバー「挿入」ボタン をタップしてから、「リンク」をタップします。

  3. 画面下部の「リンク設定」で、「リンク先」をタップしてから「メール」をタップします。

  4. 「宛先」フィールドと「件名」フィールドにメールアドレスと件名を入力します。

  5. リンクのテキストを変更するには、「表示」フィールドのテキストを選択してから任意のテキストを入力します。

    たとえば、メールアドレス全体ではなく受信者の名前を書類内のリンクに表示することができます。

  6. メールウインドウに正しい情報が表示されることを確認するには、「戻る」をタップしてから「メールを作成」をクリックします。終了したら、書類をタップします。

リンクを編集する/無効にする

  • リンクをタップして、「リンク設定」をタップしてから、以下に示す通り、リンクの任意の項目に変更を加えます。

    リンクを削除しても、書類内のリンクテキストは削除されません。

    「リンク設定」コントロール。表示テキスト、リンクの種類、メールアドレス、および件名のフィールドがあります。「リンクを削除」はコントロールの下部にあります。「戻る」ボタンはコントロールの左上隅にあります。

リンクの自動フォーマットをオフにする

Web サイトの URL やメールアドレスをアクティブリンクとして自動フォーマットしたくない場合は、自動フォーマットをオフにできます。

  1. ツールバー「詳細」ボタン をタップします。

  2. 「自動修正」をタップしてから、「リンクの自動検出」をオフにします。

この設定はすべての Pages 書類に適用されます。この変更は既存のリンクには影響しません。

公開日: 2019/06/03
役に立ちましたか?