Pages for iPad: Pages書類でWebページ、メール、またはページにリンクする

Pages書類でWebページ、メール、またはページにリンクする

テキストを、ブックマーク(文書作成書類の場合)または別のページ(ページレイアウト書類の場合)に移動するリンクや、Webページまたはメールメッセージを開くリンクに変えることができます。

Pagesでは、有効なWebアドレス(URL)およびメールアドレスが自動検出され、それらがアクティブリンクであることを示すためにスタイル(アンダーラインや別の色など)が適用されます。これらのリンクを編集したり、無効にして通常のテキストとして表示/動作させたりすることができます。リンクを自動検出したくない場合は、リンクの自動フォーマットをオフにできます。

リンクを追加する

  1. リンクにしたいテキストを選択してから、「リンク」をタップします。

  2. 「リンク先」をタップして、リンクの種類(「Webページ」、「メール」、「ページ」、または「ブックマーク」)を選択します。

    「リンク設定」ポップオーバー。「表示」フィールド、「リンク先」(「Webページ」に設定された状態)、および「リンク」フィールドがあります。ポップオーバーの下部に「リンクを削除」ボタンがあります。
  3. リンク先の詳細を指定します:

    • Webページ: ブラウザでWebページを開きます。「表示」フィールドに、読者に表示したいテキストを入力します。たとえば、Webアドレス全体ではなくドメイン名を表示することができます。「リンク」フィールドに、WebページのURLを入力します。

    • メール: 「宛先」フィールドで指定したアドレスがあらかじめ入力された状態でメールメッセージを開きます。「表示」フィールドに、読者に表示したいテキストを入力します。たとえば、メールアドレス全体ではなく受信者名を表示することができます。「件名」フィールドに件名を入力するか、空のままにします。

    • ページ: 書類内の別のページに移動します。「リンク先」の下にあるページのサムネールをタップし、リンク先のページ番号をタップします。「表示」フィールドに、読者に表示したいテキストを入力します。

    • ブックマーク: ブックマークしたテキストに移動します。リンク先にしたいブックマークをタップします。「表示」フィールドに、読者に表示したいテキストを入力します。

  4. リンク先を確認するには、「戻る」をタップしてから、「リンクを開く」、「メールを作成」、「ページに移動」、または「ブックマークに移動」のボタンをタップします。

    リンクを確認する必要がない場合は、書類をタップしてコントロールを閉じます。

リンクを編集する/無効にする

  1. リンクされたテキストをタップします(表のセルでは、まずセルをタップしてから、リンクをタップします)。

  2. リンクエディタで、「リンク設定」をタップします。

  3. 変更を行うか、「リンクを削除」をタップします。

    リンクを削除すると、リンクテキストは残りますが、リンクのフォーマットは削除され、リンクはアクティブではなくなります。

  4. 終了したら、書類をタップしてコントロールを閉じます。

リンクの自動フォーマットをオフにする

WebサイトのURLやメールアドレスをアクティブリンクとして自動フォーマットしたくない場合は、自動フォーマットをオフにできます。

  1. 画面の上部にある 「詳細」ボタン をタップします。

  2. 「設定」をタップしてから、「自動修正」をタップします。

  3. 「リンクのスタイルを適用」をオフにします。

リンクは、リンクのように見えなくなりますが、「リンクの自動検出」もオフにするまではアクティブのままになります。

この設定は、すべてのPages書類に入力する新規テキストに適用されます。この変更は既存のリンクには影響しません。

公開日: 2019/08/02
役に立ちましたか?