Pages for iPad: 既存の Pages 書類を開く

既存の Pages 書類を開く

iPad、iCloud Drive、接続されているサーバ、およびその他の他社製ストレージプロバイダに保存された書類を開くことができます。「Pages」で Microsoft Word 書類(ファイル名の拡張子が .doc または .docx のファイル)を開いて編集してから、Pages 書類、Word 書類、または PDF として保存することもできます。

注記:iCloud Drive に保存されている書類を開くと、自動的にデバイスにダウンロードされます。

Pages で既存の書類を開く

  1. 「Pages」を開いて、書類がすでに開いている場合は左上隅にある「書類」をタップすると、すべての書類が表示されます。

  2. サムネールをタップすると書類が開きます。

    開きたい書類が表示されていない場合は、その書類を検索してみるか、画面下部にある「ブラウズ」または「履歴」をタップしてください。詳しくは、書類を検索するを参照してください。

    書類マネージャのブラウズビュー。左上隅に場所リンク、その下に検索フィールドがあります。「検索」の下の行には、「新規フォルダ」ボタン、名前、日付、サイズ、およびタグでフィルタするためのボタンと、リスト表示またはアイコン表示ボタンがあります。それらの下に、「書類を作成」ボタンと、既存の文書のサムネールが表示されています。画面下部には、「履歴」ボタンと「ブラウズ」ボタンがあります。

持っていないフォントを使用した Pages 書類を開くと、見つからないフォントに関する通知がページの上部に一時的に表示されます。見つからないフォントおよび使用されている代替フォントを確認したい場合は、「表示」をタップします。この書類内でそれらのフォントを恒久的に置き換えるには、「フォントの警告を解消」をタップしてから、「解消」をタップします。

公開日: 2019/06/03
役に立ちましたか?