Pages for iPhone: Pages書類でオブジェクトをテキストと共に配置する

Pages書類でオブジェクトをテキストと共に配置する

ページレイアウト書類では、ページに追加するオブジェクトは(ページ上のどこに配置しても)常に特定の位置に固定されます。文書作成書類では、オブジェクトを次のどちらに固定するかを選択できます:

  • ページ上の特定の場所: テキストまたはその他のオブジェクトをページに追加しても、オブジェクトは移動しません。

  • 特定のテキスト: テキストを編集するとオブジェクトが移動し、テキスト内のアンカーに対して同じ相対位置が維持されます。

ページ上でオブジェクトにテキストをフローさせる(回り込ませる)方法を選択することもできます。たとえば、テキストをオブジェクトの周囲に回り込ませたり、オブジェクトの上下だけに回り込ませたりできます。文書作成書類では、オブジェクトをテキストと共に表示されるインラインオブジェクトとして文書内の好きな位置に配置して、テキストを入力すると一緒に移動するようにできます。また、ページレイアウト書類でも、文書作成書類でも、オブジェクトをテキストと共に表示されるインラインオブジェクトとしてテキストボックス内または図形内にペーストすることもできます。

オブジェクトをページまたはテキストに固定する

文書作成書類では、オブジェクトをページ上の位置、または特定のテキストのどちらに固定するかを選択できます。テキストに固定した場合、テキストを入力するとオブジェクトが移動し、テキスト内のアンカー(マーカー アンカーポイント記号 で示される)に対して同じ相対位置が維持されます。

注記:リンクされたテキストボックスは「テキストと移動」に設定できません。「移動しない」に設定する必要があります。

  1. オブジェクトをタップして選択し、「フォーマット」ボタン をタップしてから、「配置」をタップします。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    「配置」コントロール。「背面へ/前面へ」、「テキストと移動」、および「テキスト折り返し」が表示された状態。
    • オブジェクトをページ上に固定する: 「テキストと共に移動」をオフにします。オブジェクトはページ上の配置した位置に固定され、テキストまたはその他のオブジェクトを追加しても移動しません。

    • オブジェクトをテキストと共に移動させる: 「テキストと共に移動」をオンにします。オブジェクトは、固定先のテキストとの相対位置が維持されます。

      オブジェクトをタップすると、オブジェクトが固定されているテキストにマーカー アンカーポイント記号 が表示されます。固定先を変更するには、オブジェクトを新しい位置にドラッグします(アンカーも移動します)。

      注記:「テキストと共に移動」をオンにしてからテキスト折り返しを「インライン」に設定した場合、オブジェクトはテキストと同じ行に移動し、アンカーマーカーは消えます。テキストに対するオブジェクトの相対位置を維持するには、別のテキスト折り返しオプションを選択してください。

オブジェクトの周りにテキストを回り込ませる

  1. オブジェクトをタップして選択し、「フォーマット」ボタン をタップしてから、「配置」をタップします。

  2. テキスト折り返しオプションをタップします:

    「配置」コントロール。「自動」、「周辺」、「上下」、「インライン(テキストあり)」、および「なし」が表示された状態。
    • 自動: テキストは、周囲のテキストとの関連で、そのオブジェクトのページ上の配置に適した方法でオブジェクトの周りをフローします。

    • 周辺: テキストは、オブジェクトの左右すべてにフローします。

    • 上下: テキストはオブジェクトの上下にフローしますが、左右にはフローしません。

    • インライン: オブジェクトは、テキストのベースラインに揃い、テキストを入力すると一緒に移動します。このオプションが表示されない場合は、そのオブジェクトの「テキストと共に移動」がオンになっていること、および文書作成書類で作業していることを確認してください。

      目的の位置にオブジェクトが配置されていない場合は、テキスト内の新しい位置にドラッグします。

      注記:リンクされたテキストボックスはインラインに配置できません。「移動しない」に設定する必要があります。

    • なし: オブジェクトは、テキストのフローには影響しません。

    ページレイアウト書類で作業していて、テキストボックスまたは図形内のテキストが別のオブジェクトの周りに正しく回り込んでいない場合は、オブジェクトがテキストボックスまたは図形の前面に重なっていることを確認してください(オブジェクトを選択し、「配置」タブの「後ろ/前に移動」スライダをドラッグします)。

  3. テキストとオブジェクトの間隔を変更するには、「余白」スライダをドラッグします。

オブジェクトをテキストボックスまたは図形内にテキストと共にインラインで配置する

テキストボックスまたは図形内にイメージ、イメージギャラリー、ビデオ、テキストボックス、および方程式をペーストできます。内部の(ネストされた)オブジェクトは、自動的に外側の図形またはテキストボックス(オブジェクト)のテキストと共にインラインで表示されます。

星形の図形がハートマークの図形の中のテキストと共に配置されています。
  1. まだページにテキストボックスや図形を追加していない、またはテキストボックスや図形内にペーストしたいオブジェクトを追加していない場合は、「挿入」ボタン をタップしてから、使いたいオブジェクトをタップして追加します。

  2. テキストボックスや図形内にネストさせるオブジェクトを選択してから、「カット」をタップします。

    オブジェクトがページ上に配置されている場合は、オブジェクトをタップして選択します。オブジェクトがテキストと一緒にインラインで配置されている場合は、オブジェクトをダブルタップして選択します。

  3. オブジェクトをペーストしたいテキストボックスまたは図形をダブルタップし、挿入ポイントをその中に置いたら、もう一度タップして、「ペースト」をタップします。

    ペーストされたオブジェクトは、親オブジェクトの中にネストされます。オブジェクトの下部にクリッピングインジケータ が表示された場合は、内容がすべて表示されるようにサイズを変更する必要があります。

  4. テキストを追加するには、テキストボックスまたは図形内をダブルタップし、もう一度タップして挿入ポイントが表示されたら、入力します。

    誤ってネストされたオブジェクトを選択した場合は(3つの選択ハンドルが表示されます)、その外側をタップして挿入ポイントを親オブジェクトに移動させます。

    ヒント:ネストされたオブジェクトがテキストボックスまたは図形である場合は、その中にイメージ、図形、方程式を入力またはペーストできます。ネストされたオブジェクトを選択し、ネストされたオブジェクトの内側をタップ(テキストボックスの場合)またはダブルタップ(図形の場合)して挿入ポイントを表示し、オブジェクトを入力またはペーストします。

インラインオブジェクトをページに移動する

インラインオブジェクトをページに移動して、テキストと一緒にインラインに表示されたり、別のオブジェクト内にネストされたりしないようにできます。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 書類本文のインラインオブジェクトを選択する: セルをタップします。

    • テキストボックスまたは図形内のインラインオブジェクトを選択する: ダブルタップします。

    3つの選択ハンドルが表示されます。これはインラインオブジェクトが選択されていることを示しています。

  2. 「フォーマット」ボタン をタップしてから、「配置」をタップします。

  3. 「ページに移動」をタップするか(オブジェクトが別のオブジェクト内にある場合)、「テキストと共に移動」をオフにします(オブジェクトが本文テキストと共に配置されている場合)。

公開日: 2019/07/30
役に立ちましたか?