Pages for iPhone: イメージ、グラフ、およびその他のオブジェクトの概要

イメージ、グラフ、およびその他のオブジェクトの概要

オブジェクトとは、ページに配置する項目のことです。表、グラフ、テキストボックス、図形、および写真などはオブジェクトの例です。ツールバーの 「挿入」ボタン をタップしてからボタンをタップすると、ページに追加できる表、グラフ、図形、およびメディアのさまざまなスタイルが表示されます。

オブジェクトを追加するコントロール。表、グラフ、図形(線やテキストボックスを含む)、およびメディアを選択するためのボタンが上部に表示された状態。

オブジェクトの外観は、オブジェクトの個々の属性(塗りつぶしのカラー、枠線、シャドウなど)を変更することで変更できます。また、デザイン済みのオブジェクトスタイルを適用することで、オブジェクトの全体的な外観をすばやく変更することもできます。オブジェクトスタイルは、使用されるテンプレートにマッチするようにデザインされた属性の組み合わせです。

「フォーマット」ボタン をタップすると、オブジェクトの外観を変更するためのコントロールが表示されます。それぞれのオブジェクトには独自のフォーマットオプションがあります。たとえば、図形を選択すると、図形をフォーマットするためのコントロールのみが表示されます。

「スタイル」パネル。上部にイメージスタイル、下部に「スタイルオプション」ボタンが表示された状態。

オブジェクトを重ねたり、オブジェクトのサイズを変更したり、ページ上でオブジェクトの周りをテキストがフローする方法を制御したりできます。たとえば、オブジェクトの周りにテキストを回り込ませたり、オブジェクトをインラインで配置してテキストと同じ行に揃え、テキストを入力すると一緒に移動するようにしたりできます。一部のオブジェクトは、テキストボックスまたは図形内に入れ子にして、その中のテキストと共に配置することもできます。

公開日: 2019/07/30
役に立ちましたか?