Pages for iCloud beta: キーボードショートカット

キーボードショートカット

キーボードショートカットを使って、Pages for iCloud での作業をすばやく実行できます。キーボードショートカットを使うときは、ショートカットのすべてのキーを同時に押してください。

よく使うショートカット

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

選択したテキストまたはオブジェクトをカットする

Command+X

Ctrl+X

選択したテキストまたはオブジェクトをコピーする

Command+C

Ctrl+C

選択したテキストまたはオブジェクトをペーストする

Command+V

Ctrl+V

選択したテキストにボールド体を適用する

Command+B

Ctrl+B

選択したテキストにイタリック体を適用する

Command+I

Ctrl+I

選択したテキストにアンダーラインを適用する

Command+U

Ctrl+U

検索する

Command+F

Ctrl+F

書類をプリントする

Command+P

Ctrl+P

現在のテキスト領域、テキストボックス、または図形の先頭に移動する

Command+ ↑

Ctrl+Home

その他よく使われる機能

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

選択したテキストまたはオブジェクトをカットする

Command+X

Ctrl+X

選択したテキストまたはオブジェクトをコピーする

Command+C

Ctrl+C

選択したテキストまたはオブジェクトをペーストする

Command+V

Ctrl+V

「テンプレートセレクタ」で新規書類を開く

テンプレートを選択し、Return を押す

テンプレートを選択し、Enterを押す

「テンプレートセレクタ」を終了する

Esc

Esc

ページ、ツールバー、「フォーマット」サイドバーの間を移動する

Shift+Command+U

Ctrl+Shift+U

拡大する

Command+>

Ctrl+>

縮小する

Command+<

Ctrl+<

100% 表示 (実際のサイズ)

Command+0 (ゼロ)

Ctrl+0 (ゼロ)

「フォーマット」サイドバーの表示と非表示を切り替える

Command+Option+I

Ctrl+Alt+I

直前の操作を取り消す

Command+Z

Ctrl+Z

直前の操作をやり直す

Shift+Command+Z

Ctrl+Y

書類をプリントする

Command+P

Ctrl+P

1 つ前の文字または選択範囲を削除する

Delete

Backspace

次の文字または選択範囲を削除する

Forward Delete (すべてのキーボードで使用できるわけではありません)

Forward Delete (すべてのキーボードで使用できるわけではありません)

挿入ポイントの前の単語を削除する

Option+Delete

Alt+Backspace

挿入ポイントの後ろの単語を削除する

Option+Forward Delete (すべてのキーボードで使用できるわけではありません)

Alt+Forward Delete (すべてのキーボードで使用できるわけではありません)

ページレイアウト書類でページを削除する

Ctrl キーを押したまま、削除するページをクリックします。メニューが表示されたら、「ページの削除」を選択します。

削除する写真を右クリックします。メニューが表示されたら、「ページの削除」を選択します。

書類内を移動する

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

1 文字左に移動する

1 文字右に移動する

上の行に移動する

下の行に移動する

現在位置または直前の語の先頭に移動する

Option+ ←

Ctrl+ ←

現在位置または直後の語の末尾に移動する

Option+ →

Ctrl+ →

現在の行の最初に移動する

Command+ ←

Shift+Home

現在の行の最後に移動する

Command+ →

Shift+End

現在の段落の最初に移動する

Option+ ↑

Ctrl+ ↑

現在の段落の最後に移動する

Option+ ↓

Ctrl+ ↓

現在のテキスト領域、テキストボックス、または図形の先頭に移動する

Command+ ↑

Ctrl+Home

現在のテキスト領域、テキストボックス、または図形の末尾に移動する

Command+ ↓

Ctrl+End

書類の先頭までスクロールする

Home

Home

書類の末尾までスクロールする

End

End

スレッド(リンクされた一連のテキストボックス)内の最初または最後のテキストボックスにジャンプする

スレッド内のいずれかのテキストボックスをクリックしてから、Command + ↑または Command + ↓を押します。

スレッド内のいずれかのテキストボックスをクリックしてから、Ctrl + ↑または Ctrl + ↓を押します。

テキストを選択する

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

文字を選択する

先頭文字のすぐ左でクリックし、そのまま選択したい範囲をドラッグ

先頭文字のすぐ左でクリックし、そのまま選択したい範囲をドラッグ

単語を選択する

単語をダブルクリック

単語をダブルクリック

段落を選択する

段落をトリプルクリック

段落をトリプルクリック

すべてのオブジェクトとテキストを選択する

Command+A

Ctrl+A

すべてのオブジェクトとテキストの選択を解除する

Command+Shift+A

Ctrl+Shift+A

テキストの選択範囲を拡張する

テキストをクリックし、テキストの別の場所で Shift+ クリック

テキストをクリックし、テキストの別の場所で Shift+ クリック

選択範囲を 1 文字右に拡張する

Shift+→

Shift+→

選択範囲を 1 文字左に拡張する

Shift+ ←

Shift+ ←

選択範囲を現在の単語の末尾まで拡張する

Option+Shift+ →

Shift+Alt+ →

選択範囲を現在の単語の先頭まで拡張する

Option+Shift+ ←

Shift+Alt+ ←

選択範囲を現在の行の末尾まで拡張する

Shift+Command+ →

Ctrl+Shift+ →

選択範囲を現在の行の先頭まで拡張する

Shift+Command+ ←

Ctrl+Shift+ ←

選択範囲を上の行まで拡張する

Shift+ ↑

Shift+ ↑

選択範囲を下の行まで拡張する

Shift+ ↓

Shift+ ↓

選択範囲を現在の段落の先頭まで拡張する

Option+Shift+ ↑

Shift+Alt+ ↑

選択範囲を現在の段落の末尾まで拡張する

Option+Shift+ ↓

Shift+Alt+ ↓

選択範囲をテキストの先頭まで拡張する

Shift+Command+ ↑

Ctrl+Shift+ ↑

選択範囲をテキストの末尾まで拡張する

Shift+Command+ ↓

Ctrl+Shift+ ↓

テキストをフォーマットする

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

選択したテキストにボールド体を適用する

Command+B

Ctrl+B

選択したテキストにイタリック体を適用する

Command+I

Ctrl+I

選択したテキストにアンダーラインを適用する

Command+U

Ctrl+U

テキストブロックまたはリスト項目のインデントレベルを下げる

Shift + Tab、または表のセルでは、Command + 左角かっこ([)

Shift + Tab、または表のセルでは、Control + 左角かっこ([)

テキストブロックまたはリスト項目のインデントレベルを上げる

Tab、または表のセルでは、Command + 左角かっこ([)

Tab、または表のセルでは、Control + 左角かっこ([)

テキストをリンクにする

Command + K

Ctrl + K

範囲を追加選択または選択解除する

Shift+ ドラッグまたは Command+ ドラッグ

Shift+ ドラッグまたは Ctrl+ ドラッグ

行区切り (ソフトリターン) を挿入する

Shift+Return

Shift+Enter

段落区切りを挿入する

Return または Option+Return

Enter

タブ文字を挿入する

Tab

Tab

上付き文字にする

Ctrl+Command+プラス記号 (+)

Ctrl+Alt+プラス記号 (+)

下付き文字にする

Ctrl+Command+マイナス記号 (-)

Ctrl+Alt+マイナス記号 (-)

編集ツールを使う

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

検索する

Command+F

Ctrl+F

次を検索する

Command+G

Ctrl+G

前を検索する

Shift+Command+G

Ctrl+Shift+G

選択したテキストを使って検索する

Command+E

Ctrl+E

テキストを置き換える

Return

Enter

選択したテキストを使って置き換える

Shift+Command+E

Ctrl+Shift+E

「検索」ウインドウを隠す

Esc

Esc

書類内の選択個所にジャンプする

Command+J

Ctrl+J

オブジェクトを操作する

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

オブジェクトを選択する、または選択解除する

Command+ クリックまたは Shift+ クリック

Ctrl+ クリックまたは Shift+ クリック

オブジェクトの位置を 1 ポイント移動する

矢印キーを押す

矢印キーを押す

オブジェクトの位置を 10 ポイント移動する

Shift と矢印キーを押す

Shift と矢印キーを押す

オブジェクトの移動を縦、横、または対角線 (45 度) の方向に制限する

Shift+ ドラッグ

Shift+ ドラッグ

選択したオブジェクトをグループ化する

Option+Command+G

Ctrl+Alt+G

選択したオブジェクトをグループ解除する

Option+Shift+Command+G

Ctrl+Shift+Alt+G

オブジェクトの移動中やサイズ変更中に配置ガイドを無効にする

Command キーを押しながらドラッグ (移動中に無効にする)、または選択ハンドルをドラッグしてから Command キーを押す (サイズ変更中に無効にする)

Control キーを押しながらドラッグ(移動中に無効にする)、または選択ハンドルをドラッグしてから Control キーを押す(サイズ変更中に無効にする)

オブジェクトのサイズを変更する

選択ハンドルをドラッグ

選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトの中心を基準にサイズ変更する

Option+ 選択ハンドルをドラッグ

Alt+ 選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトの縦横比を固定したままサイズ変更する

Shift+ 選択ハンドルをドラッグ

Shift+ 選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトを回転させる

Command+ 選択ハンドルをドラッグ

Ctrl+ 選択ハンドルをドラッグ

オブジェクトを 45 度回転させる

Shift+Command+ 選択ハンドルをドラッグ

Shift+Ctrl+ 選択ハンドルをドラッグ

イメージをマスクする/マスク解除する

Command+Shift+M (Safari のみ)

Ctrl+Shift+M (Internet Explorer のみ)

マスクを終了する

Return

Enter

選択項目のショートカットメニューを開く

Control+ 項目をクリック

項目を右クリック

表を操作する

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

選択したセルの上に行を追加する

Option+ ↑

Alt+ ↑

選択したセルの下に行を追加する

Option+ ↓

Alt+↓

選択したセルの右側に列を追加する

Option+ →

Alt+ →

選択したセルの左側に列を追加する

Option+ ←

Alt+ ←

表の一番下に行を挿入する

一番下の行でセルを選択してから Option+Return を押す

一番下の行でセルを選択してから Alt+Enter を押す

行または列全体を選択する

表をクリックし、列の文字付きバーまたは行の番号付きバーをクリック

表をクリックし、列の文字付きバーまたは行の番号付きバーをクリック

追加の列を選択する

Shift+ →または Shift+ ←

Shift+ →または Shift+ ←

追加の行を選択する

Shift+ ↑または Shift+ ↓

Shift+ ↑または Shift+ ↓

追加のセルを選択する

Shift+クリック

Shift+クリック

行または列内の本体のセルのみを選択する

列の文字付きバーまたは行の番号付きバーをダブルクリック

列の文字付きバーまたは行の番号付きバーをダブルクリック

行または列の順序の入れ替えを停止する

ドラッグ中に Esc を押す

ドラッグ中に Esc を押す

表中の各列を同じ幅に調整する

Option を押しながらドラッグ

Alt を押しながらドラッグ

セルの選択範囲から表を選択する

Command+Return

Ctrl+Enter

表内のすべての内容を選択する

表をクリックしてから Command+A を押す

表をクリックしてから Ctrl+A を押す

選択した表または選択したセルの内容を削除する

Delete

Backspace

セルを選択する

セルをクリックする

セルをクリックする

セルを編集する

Return

Enter

セルの編集を終了してセルを選択する

Command+Return

Ctrl+Enter

セルの編集を終了して表を選択する

Command+Return (2 回)

Ctrl+Enter (2 回)

選択した表の位置を 1 ポイント移動する

矢印キーを押す

矢印キーを押す

選択した表の位置を 10 ポイント移動する

Shift と矢印キーを押す

Shift と矢印キーを押す

上下左右に隣接するセルを選択する

矢印キーを押す (選択したセルから)

矢印キーを押す (選択したセルから)

選択範囲をセル 1 つ分ずつ拡張する

Shift と矢印キーを押す (選択したセルから)

Shift と矢印キーを押す (選択したセルから)

セルの選択範囲を最初の行まで拡張する

Shift+Page Up

Shift+Page Up

セルの選択範囲を最後の行まで拡張する

Shift+Page Down

Shift+Page Down

セルの選択範囲を最初の列まで拡張する

Shift+Home

Shift+Home

セルの選択範囲を最後の列まで拡張する

Shift+End

Shift+End

セルの選択範囲を最初の行まで移動する

Option+Page Up

Alt+Page Up

セルの選択範囲を最後の行まで移動する

Option+Page Down

Alt+Page Down

セルの選択範囲を最初の列まで移動する

Option+Home

Alt+Home

セルの選択範囲を最後の列まで移動する

Option+End

Alt+End

次の行のセルを選択する。最後の行の最後のセルから新しい行を追加する

Option+Return

Alt+Enter

次の列のセルを選択する。最後の行の最後のセルから次の行へ移動する

Tab

Tab

前の列のセルを選択する

Shift+Tab

Shift+Tab

前の行のセルを選択する

Shift+Return

Shift+Enter

セル内のテキストを編集するときに段落区切り(ハードリターン)を挿入する

Return

Enter

数式を作成する

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

現在のセルに数式を追加する

等号 (=)

等号 (=)

数式を編集する

ダブルクリックまたは Return

ダブルクリックまたは Enter

数式エディタで変更を保存する

Return または Tab

Alt または Enter

数式エディタで変更を破棄する

Esc

Esc

選択したセル参照の相対と絶対の属性を指定する

Command+K を押してオプションを順方向または逆方向に移動

Ctrl+K を押してオプションを順方向または逆方向に移動

書類マネージャ内を移動する

操作

Mac のショートカット

Windows のショートカット

別の書類に移動する

書類を選択してから矢印キーを押す

書類を選択してから矢印キーを押す

選択範囲を次の書類まで拡張する

Shift+ →または Shift+ ←

Shift+ →または Shift+ ←

選択範囲を書類の上または下まで拡張する

Shift+ ↑または Shift+ ↓

Shift+ ↑または Shift+ ↓

書類の選択範囲を拡張する

書類を選択してから別の書類をShift+クリック

書類を選択してから別の書類をShift+クリック

連続しない書類を選択する/選択解除する

Command+ クリック

Ctrl+ クリック

すべての書類を選択する

Command+A

Ctrl+A

選択した書類を開く

Return

Enter

選択した書類を削除する

Delete

Backspace

書類の名前を変更する

新しい名前を入力して Return を押します。取り消すには、Esc を押します。

新しい名前を入力して Enter を押します。取り消すには、Esc を押します。

公開日: 2018/11/17
役に立ちましたか?