Pages for iCloud beta: 書類を保存する、名前を付ける、復元する、削除する

書類を保存する、名前を付ける、復元する、削除する

Pages for iCloud では、編集中の書類が自動的に保存されます。必要に応じて「空白」などのデフォルト名が使用されます。書類の名前の変更、複製の作成、以前のバージョンの復元、および削除ができます。

書類の名前を変更する

以下のいずれかを実行します:

  • 書類が開いているとき:書類の上部で、書類の名前をクリックし、新しい名前を入力してから、Return(Mac 上)または Enter(Windows コンピュータ上)を押します。

    開いている書類の上部にある書類名(「空白」)が選択されています。
  • 書類マネージャで:書類を選択して、「詳細」ボタンをクリックし、「書類の名前を変更」を選択してから、新しい名前を入力します。

書類を複製する

書類を複製し、コピーを変更し、新しい名前で保存できます。

  1. 書類マネージャで、左側の「ブラウズ」をクリックしてから、書類を選択します。

  2. 書類の「詳細」ボタンをクリックしてから、「書類を複製」を選択します。

    コピー」が複製された書類の名前に追加されます。

    注記:共有中の書類を複製しても、複製先の書類は共有されません。

必要に応じて、書類に新しい名前を指定します(前述の「書類の名前を変更する」を参照してください)。

書類の以前のバージョンを復元する

Pages for iCloud では、各バージョンの書類が定期的に保存されます。以前のバージョンの内容に戻りたい場合 (たとえば必要な内容を削除してしまった場合) は、以前のバージョンを復元できます。

注記:ユーザまたは共有相手が書類を以前のバージョンに戻すと、その書類を共有している全員に以前のバージョンが表示されます。共有書類について詳しくは、共同制作の概要を参照してください。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 現在開いている書類に対して:ツールバーの「ツール」ボタン をクリックして、「すべてのバージョンをブラウズ」を選択します。

    • 書類マネージャで:書類を選択して、「詳細」ボタンをクリックしてから、「すべてのバージョンをブラウズ」を選択します。

  2. 「バージョン履歴」ポップオーバーで、復元する書類を選択します。

    どのバージョンを復元すべきかわからない場合は、書類を選択して「プレビュー」をクリックします。別のバージョンと比較するために、別のバージョンを選択して「プレビュー」をもう一度クリックします。

    プレビューは表示専用であり、変更を加えることはできません。コピーをダウンロードまたはプリントするには、プレビューウインドウ上部にある「ツール」ボタン をクリックし、オプションを選択します。

  3. 「バージョン履歴」ウインドウの一番下にある「復元」をクリックします。

    ヒント:プレビューしている書類の右上隅にある「復元」をクリックすることもできます。

    現在のバージョンが選択されているバージョンに置き換わります。

書類を削除する

重要:Pages for iCloud で書類を削除した場合、iCloud を使用するよう設定されたすべてのデバイスの Pages からもその書類が削除されます。書類が共有されていた場合、共有相手はその書類を利用できなくなります。

  1. 書類マネージャで、書類を選択します。

  2. ツールバーの「ゴミ箱」ボタンをクリックするか、キーボードの「Delete」キーまたは「Backspace」キーを押します。

公開日: 2018/11/17
役に立ちましたか?