Pages for iCloud beta: グラフのテキスト、目盛り、ラベルを編集する

グラフのテキスト、目盛り、ラベルを編集する

グラフにタイトルやさまざまな目盛りと軸ラベルを追加して、データを強調できます。

左側に Y 軸の数字ラベルを示す縦棒グラフ、Y 軸のグリッドライン(大)、年数を示すカテゴリラベル、および製品名を示すグラフの凡例.

テキストのフォント、サイズ、スタイルを変更する

グラフ内のすべてのテキストのフォント、フォントスタイル、およびサイズを同時に変更できます。

  1. グラフをクリックして選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「グラフ」をクリックし、「グラフフォント」と「テキストサイズ」にあるコントロールを使用して次の操作を行います。

    • フォントとフォントスタイルを変更する:最初のポップアップメニューをクリックしてフォントを選択し、2 つ目のポップアップメニューをクリックしてスタイル(太字、イタリックなど)を選択します。

    • フォントサイズを変更する:小さい A と大きい A のボタンを複数回クリックすると、フォントが小さくなるか、大きくなります。

デザイン済みのグラフスタイルは、ラベルやその他のテキスト要素に異なるフォントサイズを使用しています。フォントを小さくしたり大きくしたりすると、すべてのテキスト要素が比例的に小さくまたは大きくなります。個別のテキスト要素を選択し、その要素だけサイズを変更することはできません。

グラフのタイトルを追加する

グラフにはプレースホルダタイトルがあります。このタイトルは、デフォルトでは非表示になっています。グラフのタイトルを編集したり表示させたりすることができます。

  1. グラフを選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「グラフ」をクリックし、「タイトル」チェックボックスをオンにし、「タイトル」フィールドにタイトルを入力します。

タイトルを非表示にするには、「タイトル」チェックボックスを選択解除します。

ドーナツグラフで、タイトルを中心へ移動させるには、「タイトル」フィールドの下にあるポップアップメニューをクリックしてから、「中心」を選択します。

数字ラベルを追加する

データ系列の各データポイントの値を表示することができます。値には数字、通貨、割合 (%) などのフォーマットを設定できます。

  1. グラフを選択します。

  2. グラフに値を追加するには、ツールバーの「フォーマット」ボタンをクリックしてから、次のいずれかの操作を行います。

    • 縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ:サイドバーの一番上にある「系列」、次いで「数字ラベル」ポップアップメニューをクリックし、数字フォーマットを選択します。

    • 円グラフ:サイドバーの一番上にある「分割部分」、次いで「値データのフォーマット」ポップアップメニューをクリックし、数字フォーマットを選択します。

    • ドーナツグラフ:サイドバーの一番上にある「セグメント」、次いで「値データのフォーマット」ポップアップメニューをクリックし、数字フォーマットを選択します。

    • バブルチャート、散布図:サイドバーの一番上にある「系列」、次いで「値データのフォーマット」ポップアップメニューをクリックし、数字フォーマットを選択します。

  3. サイドバー(「数字ラベル」または「値データのフォーマット」ポップアップメニューの下)に表示されるオプションから追加のフォーマット、小数点の桁数などを選択します。

    オプションについての詳細は、「さまざまな種類のデータを表示するためにセルをフォーマットする」を参照してください。

  4. 前置記号や後置記号を追加したり、数字ラベルを配置したりするには、以下のいずれかを実行します:

    • 前置記号または後置記号を追加する:対応するフィールドに前置記号または後置記号を入力します。入力した内容がラベルの前または後ろに付加されます。

    • 数字ラベルを配置する:「位置」ポップアップメニューからオプションを選択します。

  5. バブルチャートを編集する場合は、どのデータ系列の値を表示させるかを選択することもできます。「値」チェックボックスが選択されていることを確認して、ポップアップメニューから「X」、「Y」、または「サイズ」を選択します。

軸ラベルを変更する

軸に表示するラベルを指定したり、ラベルの名前を編集したり、ラベルの向きを変更したりすることができます。

注記:散布図、バブルチャート、円グラフ、またはドーナツグラフでは軸オプションを使用できません。

  1. グラフを選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「軸」、次いで変更する軸のボタン(「X」または「Y」)をクリックしてから、次のいずれかの操作を行います。

    • 軸名を表示する:「名前」チェックボックスを選択し、表示させる軸名を入力します。

    • 軸に沿って線を引く:「軸線」チェックボックスを選択します。

    • カテゴリ「X」軸の系列名を表示する:「軸」タブの一番上にあるカテゴリ「X」を選択していることを確認してから、「系列名」チェックボックスをオンにします。

    • カテゴリ「X」ラベルを表示する:「軸」タブの一番上にあるカテゴリ「X」を選択していることを確認してから、「カテゴリラベル」チェックボックスを選択します。

    • ラベルの角度を変更する:「ラベル角度」ポップアップメニューをクリックし、向きを選択します。

軸グリッドラインを変更する

ほとんどのグラフには軸の目盛りがあり、これは多くの方法で変更できます。軸目盛りを変更したり、グリッドラインの範囲と頻度を変更したり、目盛りを表示/非表示にしたりすることができます。

  1. グラフを選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「軸」をクリックしてから、変更したい軸(「X」または「Y」)に応じて、「値(Y)」または「カテゴリ(X)」をクリックします。

  3. 以下のいずれかを実行します:

    • 値軸の目盛りを変更する:「軸目盛り」ポップアップメニューからオプションを選択します。「線形状」、「対数」 (非階層グラフのみ)、または「割合 (%) 」 (階層グラフのみ) を選択できます。

    • 値軸の最大値または最小値を設定する:座標軸の対応するフィールドに値を入力します。

    • 値軸のグリッドライン (大) またはグリッドライン (小) の増分を設定する:対応する「目盛り数」フィールドに値を入力します。

    • グリッドラインを表示する:表示するグリッドラインのチェックボックスを選択します。

    • 目盛りを表示する:「目盛り」チェックボックスを選択します。

凡例を追加する/編集する

  1. グラフを選択します。

  2. 凡例を表示する場合は、右の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「グラフ」をクリックし、「凡例」チェックボックスをオンにしてください。

  3. グラフの下にある「グラフデータを編集」(表示するにはグラフが選択されている必要がある)をクリックしてから、グラフのデータ表内の行または列のヘッダを編集します。

  4. 凡例を移動またはサイズ変更するには、凡例のみを選択(グラフをクリックしてから凡例をクリック)してから、以下のいずれかの操作を行います:

    • 凡例を移動する:凡例を新しい位置にドラッグします。

    • 凡例のサイズを変更する:凡例の左右にあるハンドルをドラッグします。

グラフの基準線を追加する

グラフに平均値、中央値、最小値、および最大値を示す基準線を追加できます(積み重ね、2 軸、円グラフ、またはドーナツグラフを除きます)。また、任意の値を示すカスタム基準線を追加できます。

  1. グラフを選択します。

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「軸」をクリックしてから、「値」ボタンをクリックします。

  3. 「基準線を追加」ポップアップメニューをクリックして、次の中から種類を選択します。

    • 自動計算される値:「平均」、「中央値」、「最大値」または「最小値」を選択し、必要に応じて名前を編集します。

    • カスタム値:「カスタム」を選択してから、基準線の数字を入力し、必要に応じて名前を編集します。

      たとえば、昨年度最高売上値を示す基準線を追加できます。

  4. 以下のいずれかを実行します:

    • 基準線の名前または値を隠す:対応するチェックボックスの選択を解除します。

    • 別の基準線を追加する:「基準線を追加」ポップアップメニューをクリックして、別の種類を選択します。

      最大 5 本の基準線を追加できます。

    • 基準線を削除する:カーソルをサイドバー内の基準線アイテムの上に置き、表示されるゴミ箱アイコンをクリックします。

データ系列名を、散布図、バブルチャート、円グラフ、またはドーナツグラフに追加する

散布図、バブルチャート、円グラフ、またはドーナツグラフ内のデータ系列にラベルを追加すると、表示されるデータの種類を示すことができます。

  1. グラフを選択します。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • 散布図またはバブルチャートの場合:右の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「系列」をクリックし、「系列名を表示」チェックボックスをオンにします。

      ヒント:バブルチャートで複数のラベルが重なっている場合、「ラベルを前面に表示」チェックボックスを選択解除すると、そのバブルの一番上にあっても、ほかのバブルの背後にある各ラベルが表示される可能性があります。

    • 円グラフまたはドーナツグラフの場合:右の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「分割部分」または「セグメント」をクリックし、「データポイント名」チェックボックスを選択します。

インタラクティブグラフのラベルを変更する

デフォルトでは、インタラクティブグラフにはグラフデータの表示に使用できるスライダとボタンが含まれています。表示するデータを変更するには、スライダをドラッグまたはクリックします。また、ボタンを使用するだけでインタラクティブにするかどうかを選択することもできます。

インタラクティブグラフの上または下にデータセット名を配置することもできます。

  1. インタラクティブグラフを選択してから、右側の「フォーマット」サイドバーの一番上にある「グラフ」をクリックします。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • インタラクティブコントロールを変更する:「インタラクティブグラフ」ポップアップメニューをクリックしてから、「スライダとボタン」または「ボタンのみ」を選択します。

    • データセット名の位置を変更する:「データセット名」ポップアップメニュー(「インタラクティブグラフ」の下)をクリックしてから、「上」または「下」を選択します。

公開日: 2018/11/17
役に立ちましたか?