Pages for iCloud beta: オブジェクト周囲のテキストのフローを制御する

オブジェクト周囲のテキストのフローを制御する

イメージ、グラフなどのオブジェクトの周りでテキストフロー(または折り返し)の方法を指定するか、オブジェクトをインラインで配置してオブジェクトがテキストと一緒に移動するようにします。

ワードプロセッサ書類では、ページ上の特定の位置にオブジェクトを固定してオブジェクトが移動しないようにするか、特定のテキストに固定してオブジェクトが入力するテキストと一緒に移動するように設定できます。ページレイアウト書類では、オブジェクトは常にページに固定されています。

オブジェクトの周囲でテキストを折り返す方法を選択します。

  1. オブジェクトを選択します

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの上部にある「配置」をクリックし、「テキスト折り返し」ポップアップメニューをクリックし、オプションを選択します。

    • 自動:オブジェクトは、周囲のテキストに関連したページでのオブジェクトの配置に適したテキスト折り返しオプションを使用します。

    • 周辺:テキストは、オブジェクトの左右すべてにフローします。

    • 上下:テキストはオブジェクトの上下にフローしますが、左右にはフローしません。

    • インライン:オブジェクトは、テキストのベースラインに揃い、テキストと一緒に移動します。このオプションが表示されない場合は、サイドバーで「テキストと共に移動」が選択されていることを確認します。

      注記: リンク済みテキストボックスオブジェクトの周囲にテキストを回り込むようにする場合、「テキストと共に移動」を選択することはできません。リンク済みテキストボックスは「移動しない」に設定されていなければなりません。

    • なし:オブジェクトは、テキストのフローには影響しません。

  3. 長方形でないオブジェクトのときに、テキストがオブジェクトの輪郭をたどるようにしたい場合は、サイドバーの「テキスト折り返し」の下にある「テキストとの間隔」ボタンをクリックします。

オブジェクトをページまたはテキストに固定する

  1. オブジェクトを選択します

  2. 右の「フォーマット」サイドバーの上部にある「配置」をクリックし、「オブジェクトの配置」の下にあるオプションをクリックします。

    • 移動しない:オブジェクトは、一定の位置に固定されます。オブジェクトはページ上の好きな位置にドラッグでき、周りのテキストフローに関係なくその位置に固定されます。

    • テキストと共に移動:オブジェクトは、固定先のテキストとの相対位置が維持されます。オブジェクトが固定されているテキストにマーカー が表示されます。

ヒント:また、1 つのスレッド内の複数のテキストボックスをリンクすることにより、複数のテキストボックスの中にテキストを流し込むことができます。テキストボックスをリンクすると、そのオブジェクト位置は自動的に「移動しない」に変わります。詳しくは、テキストボックスをリンクするを参照してください。

公開日: 2018/11/17
役に立ちましたか?